Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内


 下記「新刊案内」はグループSNEが非公式に入手した情報をまとめたものです。諸般の事情により、発売日等が変更になる場合があります、ご了承ください。
 正式な刊行予定は各出版社の刊行物やホームページなどでご確認ください

 KADOKAWA TRPGオンラインドレッドノート公式サイト富士見L文庫NOVEL0
 新潮社 新潮文庫nex
 新紀元社 Role&Roll公式サイト
 アトリエサード書苑新社
 アンバランス
 冒険企画局
 FT書房
 グループSNE/cosaic ボード/カードゲーム関連

2016年11月
10日 ドレッドノート ブースターパック
Chapter7 ゲーム・オブ・デザイア

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー
  価格:1パック 319円(税抜) 1パック7枚入り/全80種

前回Chapter6より、少々お待たせしました!
ドレッドノート『Chapter7 ゲーム・オブ・デザイア』では、新カード分類「アイドル」が登場します!
「アイドル」はユニットとして活躍できる他、専用の「アイドルエリア」に配置することで、バトルエリアの外から戦いを支援する能力などを持つカード。ドレッドノートの戦いの幅を広げてくれる存在です。
初回製造のBOX特典として《オオタラシヒメ(赤)》《ブネ(黒)》《スルト(緑)》のいずれかのPRカードが封入されている他、パックに一定確率で封入されている「トレジャーカード」でイラストパラレルカードを入手できるキャンペーンも実施。
変化し続けるドレノの最新ブースター、お楽しみください!(杉浦武夫)

→公式サイト
19日 終末ノ再生者(リアクター) I.ワンハンド・マテリアル
  著=河端ジュン一
  KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
  定価:648円(税込)

 前作から、じっくりと力を注いで磨き上げた2年ぶりの新作。
 あらすじをざっくり言うと、

・死んだはずの少年が未来に蘇ってみると、退廃した日本の「復興都市」だった
・そこに「超常災害指定」された少女が登場(脅威の戦闘力!)
・少女を捕獲して世界を救えるのは、肉体に「3つの機能」を与えられた主人公だけ

 まとめると要するに“少女と世界をまとめて救う英雄譚”です。
 ぜひ、お手にとってみてください。(河端ジュン一)

2016.11.15
 プレゼント企画(期間:11/19~11/27)
25日 機械仕掛けの選択 サクラダリセット3
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:691円(税込)

 2年前。中学2年生だった浅井ケイは、相麻菫からの手紙に導かれて、表情のない少女――春埼美空に出会う。春埼が「リセット」とつぶやいた直後、時間がまき戻るのを体験したケイは、彼女と親しくなりたいと考える。そしてケイ、春埼、相麻の、3人の時間が築かれていく。
 相麻菫はケイたちに尋ねる。「この中にひとり、アンドロイドがいると仮定しましょう。アンドロイドは、だれ?」。その質問の意味はなんなのか? 相麻にはいったい、どんな思惑があるのか?
 これは少年と少女が出会った、ある夏が始まり、終わるまでの物語だ。

 本書は『サクラダリセット』シリーズの、角川文庫版3冊目です。
 タイトルがずいぶん変わっていますが、スニーカー文庫版の『サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN』を修正したものですので、お気をつけください。(河野裕)

2016.10.11 著者インタビュー

■ 特設サイト
 原作 / 映画
2016年12月
02日 トンネルズ&トロールズでTRPGをあそんでみる本
  著=冒険企画局/グループSNE
  発行元=冒険企画局
  予価:2000円(税込)

 ついに日本語版が登場した、『トンネルズ&トロールズ完全版』!
 この伝統のある、それでいて簡単で親しみやすいTRPGを、さらにわかりやすく楽しく解説してくれる本が、これだ!

 本書のために、冒険企画局さんとグループSNEによるタッグを結成!
 『T&T』をどうやって遊ぶかを、リプレイや様々な解説記事で楽しく紹介しているぞ。
 リプレイは、斎藤高吉さんが担当。河嶋陶一郎さんのシナリオや、杉本ヨハネさんのソロシナリオ、安田均による各種コラムや、北沢慶の短編小説ほか、緑一色さんのコミックに加え、かつて『ウォーロック』誌に掲載された「ロードス島戦記T&Tリプレイ 帰らずの森のフェアリー」の再録など、内容はもう、超々もりだくさん!(上記以外にも、まだまだここでは書ききれないほど記事はあります!)

 『T&T』のこれまでの軌跡や歴史の解説もあり、この一冊さえあれば、バッチリ『T&T』が楽しめちゃう!
 いままでTRPGを遊んだことがなかった人への入門としても、古参のTRPGファンにとってのコレクターズアイテムとしても、超充実のこの一冊。
 ぜひ、お見逃しなく!

 なお、本家デザイナーであるケン・セント・アンドレ氏をはじめとする、フライングバッファロー社のみなさんからも、多数の応援メッセージをいただいております。ファンならここもチェック!

 さあ、これを機会に、みんなで一緒に、『トンネルズ&トロールズ』でTRPGをあそんでみよう!(北沢慶)
03日 ※ゲームマーケット2016秋で販売! 詳細はこちら
王と道化

  作=ライナー・クニツィア
  訳=安田均/秋口ぎぐる/柘植めぐみ
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:2500円(税別)

 やめられない、とまらない。かつて多くのゲーマーを虜にした2人用ゲームが、装いも新たに登場です!
 やや小さめの箱を開けて出てくるのは、6つに折られた色あざやかな巨大ボード! この上を王さま、司教、道化、近衛兵といったコマたちが行ったり来たりします。どちらのプレイヤーも王さまを自分のほうに引き寄せたいので、コマはあっちへ行ったかと思うとこっちへ――そのさまは、まさに綱引き!
 手番には1種類のコマに対応するカードをプレイするだけ。なのに盤面はダイナミックに動きます。
 デザイナーは名匠ライナー・クニツィア。かつて『タイムズスクエア』や『レーパーバーン』というタイトルで遊ばれていた傑作が、ルールを整理し、ますます遊びやすくなりました。わずか20分ほどで、奥の深い駆け引きを楽しめます。
 イラストは『王宮のささやき』『王への請願』『タルギ』でおなじみの秋津たいらさん。今回はカードだけでなくボードも描いていただきました。細部まで描きこまれた街の風景、猫好き垂涎の近衛兵ペアに注目! (柘植めぐみ)

2016.11.30 著者インタビュー
10日 ※ゲームマーケット2016秋で販売! 詳細はこちら
フルムーン 人狼の森

  作=セルヴァンドゥ・カーバラル
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:4500円(税別)

 スペイン生まれの人間vs.人狼のサバイバルゲームが日本初上陸です!
 魅力その1:緊張感あるストーリー。1人が人狼となり、他は人間側となって協力します。しかし人狼に噛まれると自分も人狼になる可能性があります。それが判明するのはゲームの後半。あいつはまだ味方なんだろうか――正体隠匿系ゲームに付き物の疑心暗鬼が渦巻きます。
 魅力その2:ワクワクの探索。人間側は連れ去られた仲間を見つけるため、タイルを「探索」して「痕跡」をたどり、人狼のねぐらを突き止めなくてはいけません。新しいタイルをめくるドキドキ感、人狼プレイヤーが描いた痕跡の推測――つねに発見があります。
 魅力その3:たくさんの内容物。人間/人狼の両面キャラクターシート、美麗なヘクスタイル、アイテムや戦闘用のカード、山ほどのトークンにダイス入り。そしてペンと地図パッド。これに痕跡を記入していくのが楽しい!
 魅力その4:スタイリッシュなイラスト。「Role&Roll」でもおなじみの緒方剛志さんがパッケージだけでなく14人のキャラクターを描いています。あなたのお気に入りを見つけてください。またタイルやカードにもイラスト満載。スペインのGen-X社の社長であり『フルムーン』のデザイナーでもあるカーバラル氏にも絶賛されました。
 そんな『フルムーン』。ラストは必ずやギリギリの攻防となることでしょう。あなたは人狼の森を脱出することができるでしょうか? (柘植めぐみ)

2016.11.30 著者インタビュー
11日 ※ゲームマーケット2016秋で販売! 詳細はこちら
トンネル・ザ・トロールマガジン 第2号

  作=安田均、杉本=ヨハネほか
  制作・販売=FT書房
  予価:1500円(税別)

 トンネルズ&トロールズの専門誌として今年8月にFT書房さんから登場したTtT(トンネル・ザ・トロール)マガジンですが、コラム評論を中心にそのレベルの高さから同人誌でも異彩を放っていました。そして「トンネルズ&トロールズ完全版」が出るに至って、12月11日(ゲームマーケット秋)発売予定の第2号から、グループSNEとコラボにより大幅拡充することになりました。
 まず全体が100ページを越え、創刊号の倍くらいの厚味に。そして表紙をかつて「ウォーロック」誌で毎号人気だった米田仁士(以下、敬称略)が飾ります。
 巻頭は、T&Tのデザイナー、ケン・セント・アンドレのソロ・アドベンチャー「ゴブリン・レイク」、主人公ゴブリン(か小型種族)の冒険と彼らの生態記事を楽しんでください。
 ソロ・アドベンチャーのもう1本はおなじみ杉本=ヨハネ、挿絵はなんと「ファイナルファンタジー」でおなじみの新井清志、ぜひ注目ください。
 また、短いシナリオが期待される中、今回のミニシナリオは4本、北沢慶、杉浦武夫、川人忠明、そして、おなじみたまねぎ須永らの腕前にご期待を。
 リプレイはグループSNEの新鋭、西岡拓哉がカザンを舞台に腕を撫します。
 コラムも第1号で人気の吉里川べおほか、T&Tならまかせろの岡和田晃やテンプラソバ、柘植めぐみと杉本=ヨハネのT&Tのツボなど。
 他にもコミックやミニゲームなど、いろいろ盛り沢山です。T&Tファンなら絶対見逃せないでしょう。ぼくもコラムと翻訳で参加します。よろしく。 (安田 均)

 FT書房

2016.11.30 著者インタビュー
17日 ※ゲームマーケット2016秋先行販売! 詳細はこちら
ブラックストーリーズ ボードゲーム
殺人的に面白い、アクションつきの100の“黒い”謎

  作=moses社
  訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力、ロスケン・マーカス
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:3500円(税別)

 今までの『ブラックストーリーズ』とは一味違う「ビッグなアイツ」がついに日本上陸。『ブラックストーリーズ ボードゲーム』をご紹介します!
 ボックスの中には黒い謎がぎっしり100枚! 目的は血液チップを誰よりも多く集めること。まずは、血の滴るナイフルーレットを回して遊び方を決めましょう。動きだけで伝える「黒いパントマイム」に、イラストで伝える「黒いスケッチ」、もちろんいつも通りの「黒い問題」という遊び方も。どれほど問題の解決に貢献したかによって、もらえる血液チップ数も変わります。
 集めた血液チップを賭ける「黒の13」というミニゲームにも挑戦しましょう。大儲けできるかもしれませんし、全てを失うかもしれません。みんなでワイワイ、パーティの時に役立つこと間違いなし! 既にお持ちの『ブラックストーリーズ』シリーズを混ぜて遊ぶこともできます。さらに広がった「黒い世界」をお楽しみください!(石野力)

2016.11.30 著者インタビュー
20日 ソード・ワールド2.0リプレイ
レーゼルドーン開拓記3 世にも不滅の冒険者たち

  著=大井雄紀/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  予価:778円(税込)

 お待たせいたしました! 『ソード・ワールド2.0』のリプレイシリーズ『レーゼルドーン開拓記』の最終巻がついに発売になります!
 こちらは3巻目となり、1巻の頃から存在を知らされていた魔神オーバードーズとエミリーたちがついに相見える展開となっております。
 オーバードーズもただ黙ってエミリーたちを待っているわけではありません。あの手この手でエミリーたちを誘惑し、彼女たちの欲望を刺激してきます。
 果たして、4つあるオーバードーズを封じる祭具をすべて集めることができるのか!
 そしてエミリーたちは見事オーバードーズを封印すること ができるのか!
 そんなことは置いといて、魔神の手が生えてきちゃったスピリットオブドーンで、2巻の最後で自分のお店を作ったバーリのおいしいサンライズの運命やいかに(笑)。
 ぜひぜひご期待ください!(大井雄紀)
20日 ソード・ワールド2.0リプレイ
Rock'n Role4 ドロップデッド・マーメイド

  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  予価:734円(税込)


 国家を転覆せんと陰謀を巡らせていたヴァンパイア“母百合”を退治してはや四ヶ月――
 新居を購入し、スケさん(スケルトン)やマミさん(マミー)ときゃっきゃうふふな不死生活(アンデッドライフ)を送っていた“死人使い”ヨミノ・アシロの元に、雨神軍の神罰執行部隊の隊員がやってきて……

 というわけで今回の主役はヨミノ! 舞台は海だ!

担当編集(ひょこっ)「ということは水着だな!」
 
 ちげえよ! 水着はもう一巻でやったんだよ!

担当編集&イラストレーター「ええええええ……」

 そんな編集とイラストレーターの不満は無視し、謎の組織「SUE」を相手取り、アンデッド蠢く深海で、人蛮混合のはみ出し者達の新たなる冒険が始まる!

 乞うご期待!(ベーテ・有理・黒崎)
24日 ※ゲームマーケット2016秋先行販売! 詳細はこちら
デモンワーカー

  作=黒田尚吾
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:2800円(税別)

 魔王、それは悪魔すべてを統べしもの。空位となったその玉座を巡って悪魔たちの経済戦争が勃発します!プレイヤーは次期魔王候補となり、EP(いびるポイント)を集めることが目的となります。
 特殊な能力を持った悪魔を面接し採用したら、「人間界」や「兵器工場」といった職場に悪魔を派遣し、効率よく人間や武具などの資源を集めましょう。
 資源は、新たな悪魔の召喚やEPを生み出す計画カードに使用するため、計画的な運用が求められ、プレイヤーは悩ましい選択を強いられます!
どうやって悪魔を効率的に働かせるのか、どういう方法でEPを稼ぐのか……ゲーム毎で採用する悪魔が異なるため、進め方や楽しみ方は無限大!
さあ、悪魔たちを使役し、その邪悪な経営手腕を魔界中に知らしめましょう!
ポップな悪魔達や独特の世界観が織りなす、アートワークやコンポーネントも必見です!
2016年「グループSNE ボード/カードゲームコンテスト」佳作に選ばれた、労働者配置ゲーム(ワーカープレイスメントゲーム)の決定版がついに登場です!(黒田 尚吾)

2016.11.30 著者インタビュー
24日 メディチ
  作=ライナー・クニツィア
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:3000円(税別)

 巨匠ライナー・クニツィアの三大競りゲームの1つ『メディチ』が、いよいよグループSNE/cosaicから発売になります。
 日本では2016年7月に、世界に先駆けて『メディチ カードゲーム』が出たばかり。こちらは競りの要素を省き、ファミリーで楽しめる気軽なセットコレクションのゲームになっていました。
 しかし『メディチ』は、もう少しゲームがシビアになります。プレイヤーは手番に山札から商品カードを1~3枚めくってグループを作りますが、すぐにもらえるわけではありません。競りにかけ、いちばん高値を付けたプレイヤーが受け取るのです。各自の船が商品カード5枚ずつになったら1ラウンドが終了。「船の価値(商品カードの数字合計)」と「商品の独占(5種類の商品をそれぞれどれだけ集めたか)」によって決算が行われます。
 重要なのは、「勝利点=所持金」ということ。価値が高いからといって商品カードを競り落とすのに大金をはたいてしまうと、その後の決算で赤字が出ることもあります。ときにはそこそこの価値のカードで妥協し、出費を抑える必要も。
 押すか引くかの冷静な状況判断がものをいう、なんとも悩ましいゲームです。
 日本語版オリジナルのボード類やカードのデザインにも注目! パッケージイラストは、カードゲーム版と同じ末弥純さん。背景の描きこみがスゴい!
 秋の夜長に、往年の名作をじっくり味わってください。 (柘植めぐみ)

2016.11.30 著者インタビュー
25日 さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  予価:691円(税込)


 本作は「サクラダリセット」シリーズの4冊目にして、唯一の短編集です。
 自身の能力でビー玉の中に閉じ込められてしまった少女、「月の砂を採りにいく」と言って消えた少年、浅井ケイが風邪をひいた日、そして2年前、自分の意志で能力をつかえなくなった春埼美空――など、サクラダに関する3つの短編と、2つの掌編と、それからサクラダとはまったく関係のない1つの短編が入っています。
 スニーカー文庫で刊行されたシリーズ全7巻を角川文庫で出している本作も、この巻で折り返しです。
 基本的には巻が進むごとに修正は少なくなっているのですが、本作は短編集ですので、思い切って手を入れやすかったかな、と思います。お読みいただけましたら幸いです。(河野裕)

■ 特設サイト
 原作 / 映画
下旬 魔術師の帝国 上
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  訳=安田均
  アトリエサード  書苑新社
  予価:  円(税別)
2017年1月
上旬 ゴーストハンター03
  監修=安田均
  作=石野力/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:4500円(税別)
20日 ソード・ワールド2.0リプレイ
竜伯爵は没落しました(仮)

  著=秋田みやび/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  予価:  円(税別)
20日 ダイス・オブ・ザ・デッド上級ルールブック(仮)
  著=大井雄紀/グループSNE
  KADOKAWA
  予価:  円(税別)

 ゾンビサバイバルRPG『ダイス・オブ・ザ・デッド』に新要素を加えた「上級ルールブック」が登場!
 ゾンビによって荒廃した東京で生き延び、様々な経験を重ねて大きく成長したハーフゾンビたちが人間を守るため新たなる行動を開始します。
 街の探索だけでなくアイテムの開発、生存者の救出、施設拡張といった自分たちオリジナルのコミュニティを運営する「コミュニティ作成ルール」。そして作成したコミュニティを元に、人間の勢力圏拡大と、生存者たちと東京からの脱出を目指すキャンペーン仕立ての「クエスト」に上級シナリオクラフトを用いて挑戦。これらの新要素をセッションに導入することでDODをより深く、より刺激的に遊ぶことができます。
 もちろん“上級ルールブック”ということでキャラクター自身に関わるデータも拡張されています。強力なゾンビに対抗するための新アイテムならびに、レベルアップすることで進化し、その力を高めていく「タレント」も多数登場。過酷な状況にも柔軟に対応しうるキャラクターが作成可能となっています。
 まさに“上級”にふさわしい新要素が詰まった今作。やりごたえが大いに増したDODをぜひ隅々まで遊び尽くしてください。(西岡拓哉)
25日 片手の楽園 サクラダリセット5
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  予価:691円(税込)

■ 特設サイト
 原作 / 映画
魔術師の帝国 下
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  訳=安田均
  アトリエサード  書苑新社
  予価:  円(税別)


…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年

PRODUCTSの各作品ページに
シリーズ別のリストがあります


TOP