Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内


 下記「新刊案内」はグループSNEが非公式に入手した情報をまとめたものです。諸般の事情により、発売日等が変更になる場合があります、ご了承ください。
 正式な刊行予定は各出版社の刊行物やホームページなどでご確認ください

アスキー・メディアワークス学研教育出版角川書店ジャイブ集英社(みらい文庫公式HP)新紀元社富士見書房ブシロードモ ンコレTCG公式HP)/ブロッコリーエ ンドブレイカー!SCG BUIKD&BREAK公式HP

2016年06月中旬 AppStore、AppPassの取り放題サービスでも配信スタート!
ブロークン・ソード ウロボロスの呪い
  シナリオ翻訳=笠井道子/グループSNE
  (c)2015 Revolution Software
  (c)UNBALANCE Corporation
  プラットフォーム
   iTunes / Google Play / App Pass

欧米で大人気を博した本格アドベンチャーの日本語版がついに登場!(笠井が翻訳を担当しました)
保険会社に勤めるアメリカ人ジョージとフォトジャーナリストのフランス人ニコが、盗まれた絵画をめぐる謎に挑みます。
画廊のオーナーが殺されたことに端を発し、事件は壮大な冒険活劇へと繋がっていきます。
女好きの美術評論家、斜に構えたカフェの店員、退廃的な未亡人、人嫌いな贋作師――一癖も二癖もある登場人物たちの繰り広げる愛憎劇には、フランスが舞台ならではのエスプリがこれでもかとちりばめられています。
ちょっとボンヤリな愛すべきジョージと一流ジャーナリストを夢見る強気なニコのやりとりも見所。
美しいグラフィックのおかげで、まるで映画のなかに入り込んだかのようにストーリーを読み進めていけます(充実したヒント機能も搭載されています)。
現在iTunesGoogle PlayApp Pass(ソフトバンクのアプリ取り放題サービス)で配信されています。
ちょっと懐かしい雰囲気のアドベンチャーゲームをぜひお楽しみください。(笠井道子)

2016年06月
18日 ダイス・オブ・ザ・デッド ボードゲーム TOKYO ARMAGEDDON
  監修=安田均
  ゲームデザイン=西岡拓哉
  ディべロップ=柘植めぐみ/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:4500円(税別)

 まったく新しい協力型ストーリーゲームが登場!
 ゾンビサバイバルRPG『ダイス・オブ・ザ・デッド』と同じ世界で、ハーフゾンビであるキャラクターは力を合わせてシナリオの目的達成を目指します。舞台はTRPGの半年後。ゾンビが巣くう東京を壊滅させるため、某国が核攻撃を計画しています。キャラクターたちはそれを防がねばなりません。
 “ダイス”と名がつくだけあって、その振り方に注目! 箱裏に印刷されたダイスシートを使い、TRPGとはまた違ったダイスプールのコンセプトがきっとおもしろいはず。さらにこれは全体として「ゾロ目重視」システムとつながり、アクションの幅を広げたり、戦闘の優劣を決めたりします。
 雰囲気たっぷりのボード、8本のシナリオ、TRPGと共通のイラストを使用した敵カードやアイテムカード、計25個のダイス、キャラクターの状態を秘密のするためのスクリーンなど、内容物は超豪華。
 どうして状態が秘密かって? それは――傷ついて「感染度」が高まると、いつしか本当の「ゾンビ」になってしまうかもしれないからです。そうなると味方を襲ってしまいますが、その前に「告発」できれば悲劇を避けられるかもしれません。彼はいまどのような状態なのか――ダメージや言動から推測してください。
 しかしキャラクターはそれぞれハーフゾンビゆえ、自分ではどうしようもない「トラウマ」も抱えています。カードで表されるこの葛藤、強迫観念が、ゲームをいっそう面白くするでしょう。
 2~5人用ですが、同じシナリオでも3人プレイと4人プレイではかなり感覚が変わります。いろいろな遊び方を試してみてください。1シナリオ60~90分。成長要素もありますよ! (柘植めぐみ)

2016.02.28 シナリオ『ルーキー救出』掲載

2016.06.14 製品情報

2016.06.13 グループSNEチャンネル ティーチング動画

2016.04.12 コーナーOPEN
 『ゾンビサバイバルRPG ダイス・オブ・ザ・デッド』とは? 掲載

2016.04.08 4月~の各種イベントで体験できます!(詳細はイベント情報をご覧ください)
20日 ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 (下)
  監修=北沢慶
  著=黒井龍/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:円(税込)

 人族のレトとギュズ。
 バルバロスのドレッドとラージュ。
 立場も考え方も種族も異なる4人は偶然から同じ機動要塞に乗り込み、管理魔動機ポルタによって機動要塞の管理者として登録されます。
 時に反目しながら、時に協力しながら、宿敵である“ヴラフォスの刃”を打倒すべく、行動を共にしていました。

 なんだかんだと力を合わせているうちに打ち解けていった一行は、ついに“ヴラフォスの刃”が操る機動要塞アルマトゥラとの決戦に挑むことになりました。
 激しい戦いの末、見事勝利を収めることに成功します。

 しかし、その中に肝心のヴラフォスの姿はなく、本拠地にいるヴラフォスの切り札が発動し、超遠距離からの砲撃によるリーンシェンク地方に対する侵略が始まってしまいます。その超長距離の射程の前に、パーティには打つ手なしの状態に。
 そこでポルタが伝えてきた、現状を打破しうる『とある手段』とは?
 現代に甦った機動要塞を巡る戦いは、いよいよクライマックスです!

 巻末には『機動要塞管理ルール』を掲載しています。
 オリジナルの機動要塞を作成し、それを用いた冒険ができるようになっています。突き詰めていくと、海をいく要塞や空をいく要塞までも作り出すことができちゃいます!
 ぜひこの管理ルールを用いて、機動要塞を操る大スケールの冒険に飛び出してみてください!(黒井龍)

2016.01.13 →著者インタビュー
2016年07月
09日 メディチカードゲーム
  作=ライナー・クニツィア
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1800円(税別)

 ルネサンス時代にイタリアの都市フィレンツェで栄華をきわめた商家メディチ家。その名前を冠したボードゲーム『メディチ』は、ライナー・クニツィアの「3大競りゲーム」の1つとして有名です。
 そのカードゲーム版が、世界に先駆けて日本に見参!
 カードゲームに競りの要素はなく、より手軽なファミリーゲームになっています。こちらで重要なのは「セットコレクション」。
 手番には山札から商品カードを3枚までめくり、最後にめくったカードを必ず獲得しなくてはいけません。さらに手前2枚のカードも追加で手に入れられます。こうして自分の「船」に計5枚を積んだプレイヤーから抜けていき、全員の積みこみが終わったら決算。これを3ラウンドくり返すのですが、それまでのラウンドで獲得した商品は「倉庫」に貯まっていき、どれだけ同じ商品があるかによって独占によるボーナスが入ります。
 ボードゲーム版とは異なり、船に積み終わっていないプレイヤーが1人だけになったら残り手番は1回しかありませんので、ご注意を。
 カードめくりをどこでストップするのか。カードの数字を優先するのか、5種類の商品のいくつかにターゲットを絞るのか。
 冷静な状況判断とちょっぴりの運が、勝利には必要です。 
 巨匠の最新作カードゲームをぜひお楽しみください。末弥純さんのパッケージイラストンも注目! ボードゲーム版も秋発売予定ですよ! (柘植めぐみ)

2016.03.29 著者インタビュー
20日 ソード・ワールド2.0 バルバロスブック
  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA  予価:972円(税込)

 今年の夏は、蛮族がアツい!?
 7月に登場する文庫サプリメント、『バルバロスブック』は、タイトル通りに全編まるまる蛮族づくしの一冊!
 これまでサプリメントに登場した蛮族種族をすべて網羅し、さらには新規の種族も登場。
 今回新登場するのは、ドレイク(ナイト)、バジリスク、リザードマン、ケンタウロスの4種族! 特にドレイク(ナイト)とバジリスクは、竜・魔物形態への変身が自在に行え、まさしく蛮族のエリートとして振る舞い、活躍することが可能となっています。
 そして変身能力を持つ種族のための追加技能、「フィジカルマスター技能」も登場。変身後の能力も、プレイヤーごとに自由にカスタマイズすることができます。
 さらには妖魔や巨人、戦士の一族など、蛮族たちを18のカテゴリに分けて詳細を解説。ストーリーとイラストも交え、より世界の深化とロールプレイのイメージソース、GMのシナリオネタとして大いに活用できます。
 “穢れ”を持つキャラクターのみが使用できるアイテムや、18体の「名前を持つ魔物」のデータも掲載され、ボリューム満点の盛りだくさんな一冊となりました。
 この夏は、ぜひ蛮族の一員となり、混沌と戦乱の蛮族社会の中で、のし上がっていくキャンペーンを楽しんでください! (北沢慶)
25日 ボードゲーム・ストリート2016
  著=安田均/グループSNE
  新紀元社  予価:1800円(税別)
  
28日 ドレッドノート ブースターパック
Chapter6 コード・ヴァナルガンド

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー
  価格:1パック 319円(税抜) 1パック7枚入り/全84種

 先のセットで新色「緑」が増えたドレッドノートに、ブースターパックが登場です。
『Chapter6 コード・ヴァナルガンド』では、これまでに存在しなかった混色構築条件「青緑」「黄緑」「緑赤」「緑黒」の強力カードを追加!
 Chapter5では「緑」のカードが多めでしたが、このセットからは5色ほぼ均等のカード比率。メインビジュアルの《恵比須 ユイ》&《アメノウズメ》の他、初回BOX封入特典として《アテナ》と《シヴァ》も封入されていて、初代セットから遊んでいる人にも最近遊びはじめた人にも魅力的なセットに仕上がっています。
 緑混色の他、「赤赤」「青青」「黒黒」「黄黄」「緑緑」という単色コンセプトも強力サポート。まさにブースターと呼ぶにふさわしい、ドレノを加速させる内容です!(杉浦武夫)

→公式サイト
下旬 第一回グループSNE ボード/カードゲームコンテスト選外佳作
アニマルマインド
  作=Cacio
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1,800円(税別)


下旬 ラプトル完全日本語版
  作=ブルーノ・カターラ&ブルーノ・フェデュッティ
  訳=安田均/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価=3500円(税別)
  



…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年

PRODUCTSの各作品ページに
シリーズ別のリストがあります


TOP