Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内 > 既刊案内(2019年刊行作品)

←新刊案内に戻る →2018年の作品


2019年1月
11日 コミックマーケット95、先行発売!
※第3回グループSNEゲームコンテスト選外佳作
なかぬきパラダイス
  ゲームデザイン=ゆお
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550056

 オレたちゃ仲良し悪徳企業! 今日も事業を中抜き丸儲け!
 なんだかワルそう、でも楽しそう――それが『なかぬきパラダイス』です。
 ときにはライバルたちとウィンウィンで、ときには出し抜いて、とにかくお金を儲けちゃえ! というのがテーマのゲーム。
 プレイでは、なかぬきカード(お金を表す数字カード。単位は億!)を使ってさまざまな案件に投資します。みんながこっそり出したカードが予算の範囲内ならOKなのですが……「きみ、3枚出してるけど全部1だったりして」「あいつ、手札が少ないからこの案件には参加せずカードを引くかな?」というふうに、とにかく“読み合い”が重要。ときにはまんまとだまされたり、肩透かしを食らうことも。「ちょっと!」「なんでやねん!」と賑やかなプレイになること間違いなしです。
 第3回公募ゲームコンテストで、「何これ? めちゃオモロいやん!」と審査陣をうならせ選外佳作となった本作。デザイナーのゆおさんは、これまでも数々のゲームを世に送り出してきた実力派です。
 アートワークは「ボードゲーム・ストリート」やゲームマーケットのカタログでおなじみの平尾リョウさん。かわいらしいイラスト(でもちょっと毒っ気アリ)に注目! (柘植めぐみ)
20日 ソード・ワールド2.5 ルールブック III
  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:900円(税別)
  ISBN:9784040728124

 お待たせしていた『ルールブックIII』が、ついに登場!
 これで、基本ルールはすべて揃うことになりました。
 この『ルールブックIII』では、新規に2つの種族と、2つの技能を追加。さらには11~15レベルのルールやデータを満載した、まさに究極の冒険者のための一冊です。
 新規種族は、冒険の舞台アルフレイム大陸で稀に見られる「ティエンス」と、姿を自在に消すことで知られる「レプラカーン」。
 ティエンスは戦士向きな種族で、テレパシー的な能力を持ち、無言で仲間と会話したり、馬などの騎獣を強化することができます。レプラカーンは姿を隠す能力やアイテムを扱う能力に長け、他の種族にはできない独特の活躍が期待できます。
 追加技能は待望の「ライダー技能」と「アルケミスト技能」を追加。馬や幻獣、さらには魔動バイクなどに乗って戦うライダー技能は、キャラクターの個性をさらに際立たせます。アルケミスト技能は、MPの代わりに魔法の札(ガメルで購入)を用い、魔法的な効果を発揮する新技能。主に敵の弱体と味方の強化が得意であり、後方からの支援だけでなく、MPの乏しい戦士系キャラクターとも相性は抜群です。
 そのほか、魔法使い系技能の11~15レベルの魔法、より強力な武器防具や魔法の品などのデータも追加。そんなキャラクターの相手に相応しい魔物データも充実し、遊びごたえ満点。アルフレイム大陸の新しい地方も紹介され、冒険はまさに伝説の領域へと突入します。
 本書を手に、ぜひあなただけの伝説を築き上げてください!(北沢慶)
20日 ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ! 2
  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:720円(税別)
  ISBN:9784040728094

 HAHAHAHAHA!
 お待たせしたな!
 ベーテ・有理・黒崎だ。

 列車で旅する冒険者達の物語、第二弾をお届けする。
 今回の目的地はドーデン地方の東端、ゴケルブルグ公国。
 そこで挑むのは、少し変わった奈落の魔域で……

 果たして、箱の中で眠る女性の正体は?
 そして、蛮族が開発せんとする超兵器とは?

 『ルールブックⅢ』の要素も盛り込んで、ますます盛り上がる第二巻!
 新感覚の冒険の旅、是非読んでみて欲しい!(ベーテ・有理・黒崎)
2019年02月
15日 ぼんくら陰陽師の鬼嫁 2 (コミックス)
  原作=秋田みやび
  キャラクター原案=しの とうこ
  漫画=acca
  KADOKAWA  ジーンLINEコミックス
  定価:600円(税別)
  ISBN:9784040654683
23日 ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)小説 全43作品
 電子書籍にて、随時復刊します!
 後日、ドラゴンランスシリーズの初邦訳作品『レイストリン戦記』(双子のレイストリンとキャラモンの生いたちを描いた小説)も電子限定で刊行!
 ドラゴンランス全25作品(ネアラ2作を含む)、ダークエルフ物語全12作品(アイスウィンド・サーガ全5作を含む)に関しては、それぞれ、全巻の内容を表紙もそのままに合体させた【合本版】が用意されています。
 詳細は、下記サイトにてご確認ください。

 KADOKAWA ダンジョンズ&ドラゴンズ小説サイト
 http://www.asciibook.com/dd/
26日 モンスター事典 ―奈落の底から―
アドバンスト・ファイティング・ファンタジーの怪物たち

  著=スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン&マーク・ガスコイン
  訳=安田均
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:3,000円(税別)
  JANコード:1920076030000
  ISBN:978-4-88375-342-0

 「私たちは200以上の不浄な怪物を発明し、冒険者の心に恐怖を叩き込んできたのだ。」――研ぎ澄まされて現代に帰って来た王道ファンタジーRPG、アドバンスド・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)シリーズ。その荒々しい世界を彩る、関連書籍の第2弾が登場です。かつて社会思想社より出版され、長らく絶版状態だった「モンスター事典」。AFF2eシリーズの再始動、その一部としての本国イギリスでの復刊を受け、こうして新たに翻訳いたしました。
 四大元素のエレメンタル(精霊)、フォグ・デビル(霧妖怪)、ブレイン・スレイヤー(頭脳殺し)、そしてゴブリン、ドラゴン……本書の主役は、206種類にも及ぶモンスターたち。ステータスや特殊能力のみならず、豊富なイラストに生息地や生態、種としての起源など、たんなる障害にとどまらない魅力が満載です。新たな宝物表と遭遇表も併せて、冒険への想像力をかき立てる一冊となっています。
 時を超えたモンスターの雄姿。あなたもぜひご覧ください!(笠 竜海)
2019年03月
08日 ※ゲームマーケット2019大阪でイベント初売り予定
テストプレイなんてしてないよ レガシー
  作=クリス・シェスリク
  翻訳=グループSNE(安田均/こあらだまり/柘植めぐみ)
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550100

 白、黒ときたら、つぎは何? 灰色? 惜しい、でも半分当たりです。
 一度遊んだらやめられない、“勝利すること”が目的のおバカなカードゲーム『テストプレイなんてしてないよ』の新作は、灰色の箱に入ったその名も“レガシー”!
 レガシーとは本来、遺産、遺物という意味。でも近年のゲームでは、「シールを貼ったり書きこんだりして、ルールやカードの状況を変えていくシステム」を指します。基本的には一回性を楽しむゲームになるのですが……。
 『テストプレイなんてしてないよ レガシー』は一味違います! カードにどんどん書きこむことでゲームが進化し、自分たちだけのゲームができ上がっていくのです。たとえばどのカードにもある「権利者」欄。ゲームに勝利したなら、勝因となったカードに自分の名前を記入します。すると、以降のゲームであなたがそのカードによって敗北することはありません! 他にもいろいろなアイコンを書きこんだり、文章を棒線で消したり……まったく新しい体験が待っています!
 箱には新規のカード50枚の他に、条件を満たすと封を開けることのできる特別パックが4つ。ぜひ無理にでも条件を満たして遊んでください。
 もちろん今回も、ほのぼの脱力系の日本オリジナルイラストは満載(英語版のカードには空きスペースがなかったので、苦労しました!)。
 『テストプレイなんてしてないよ』(通称“白”)、『テストプレイなんてしてないよ 黒』と混ぜて遊んでもOK。春休みは朝までテストプレイ三昧ですね! (柘植めぐみ)
15日 ※ゲームマーケット2019大阪で先行発売予定
ビート・オークション
  作=黒田尚吾
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:4580552550070

 心揺さぶる楽曲をオークションで競り、イベントを立ち上げクラブを盛り上げましょう! 本作はその名の通りクラブミュージックをモチーフにしたゲームとなっています。プレイヤーはクラブイベントを立ち上げ、資金を獲得し、ミュージック・シーンに名を残すことを目指します。
 ゲームの目的は、資金を集めることで得られるVPカード(勝利点)を一番多く集める事。
 最初にイベントを開催するための、それを構成するイベントカードが4枚(2枚は表で2枚は裏)と基本客層カードと呼ばれる常に出るカードが1枚並びます。イベントを開催するために各プレイヤーはイベントの開催権を賭けて「競り」を行います。普通の競りは自分で価格を釣り上げていくシステムが多いのですが本作では資金カードをめくって競り値を上げるか、自分がめくった資金分お金を得るパスかを選択する「めくり競り」というオリジナルの競りシステムを組み込んでいます。1人を残して他のプレイヤーが全員降りる、もしくは、全プレイヤーのめくられた資金カードの合計値を25以上にしたら、該当するプレイヤーが資金を支払いイベントの主催者となります。しかし、イベントカードの内2枚が裏向きの為、実際に開催してみないとどれだけの収益となるか完全には分かりません。
 競りから降りて資金をコツコツ貯めるか、一千一隅のチャンスをつかむためイベントを開催するために残り続けるか……イベントカードから、どれぐらいの資金がもらえるのか、想像力を脹らませましょう!
 アートワークにも力が入っています。楽曲カードの曲ジャケットは全て書き下ろしで、70年代~80年代のクラブミュージックのジャケットをモチーフにしたカード達は眺めているだけで音楽が聞こえてきそうな、お洒落で楽しいものとなっています!(黒田尚吾)
20日 ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者3
  著=河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  予価:760円(税別)
  ISBN:9784040730813

 水の都ハーヴェスからはじまった冒険は、ついに空へ!
 前回抜けたニコの代わりに、新たな仲間が加わったかと思いきや、ふつうにニコのコネクションを頼りまくる「チームくずり」一行。
 そんななか、カイルバーンはついにドラゴンだったころの記憶を取り戻す。
 残虐非道の奈落教。
 目の前に現れる謎の竜人。
 空を常闇に染め上げる魔航船。
 激化する戦渦の中で、一行は女神フルシルの問いかけにひとつの答えを出す――
 ソード・ワールド2.5がよくわかるリプレイ第三弾!(河端ジュン一)
22日 ※ゲームマーケット2019大阪で先行発売予定
ゲームマスタリーマガジン VOL.7
  著=安田均/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753444
  JANコード:1920076018008

 グループSNEの最新情報を特集したアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY  MAGAZINE)』の第7号。
 今号では「ファンタジー世界で冒険しよう!」をテーマに『ソード・ワールド2.5』『ロードス島戦記RPG』『ゴブリンスレイヤーTRPG』の3大タイトルを特集!

『ソード・ワールド2.5』の記事では「ルールブックⅢ」に登場する新種族「レプラカーン」を主人公にしたソロアドベンチャー(作:杉本=ヨハネ)ほか、新技能〈ライダー〉を使ったレースシナリオ(作:ベーテ・有理・黒崎)と、これからSW2.5をはじめる方に向けた少人数対応の初心者シナリオも掲載しています。
 高レベル、英雄への第一歩をここから踏み出してみましょう!

 昨年12月発売の『ロードス島戦記RPG』の記事ではプレイサポートが充実!
 パーティ編成、魔法の使い方のコツから、シナリオに登場させるモンスター、使う罠のポイントをまとめたアドバイスコラムは必見です。
 これを参考に、掲載されている入門シナリオに挑戦することでグッと経験を積んだ冒険者へとなることができるでしょう!
 またゼサンGMによるリプレイでは、前号のリプレイでにて登場した4人の冒険者が上級クラスへと成長を遂げ、“上級”の冒険へと旅立ちます。

 今年5月に発売をひかえた『ゴブリンスレイヤー』の情報もここで一気に登場します!
 キャラクター作成や判定、戦闘にいたるまで気になるルール・システムを紹介!
 さらに本作のデザイナー川人忠明GMによるリプレイが早くも今号に掲載します。
 プレイヤーにはなんと! 原作者の蝸牛くも先生をお迎えし、“白磁等級”の冒険者4人、まさにルーキーたちが、色んな意味で汚れを落とす「お掃除仕事」に挑戦します。

 このほかTRPG記事では、『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』のデータサポートを掲載。今号の特集にちなんで、「ジャンル:ファンタジー」をメインジャンルに選んだ際に使える「象徴体アーキタイプ」の追加データが3種登場します。
「SNE名作再発見」では、今もなお根強い人気を誇るアラビアン・ダーク・ファンタジー〈ゲヘナ〉シリーズを、シリーズ監修を務めた友野詳が本作をふりかえります。


 ボード/カードゲーム記事は「チーパスゲームズ」特集!
『キルDr.ラッキー』でおなじみのチーパスゲームズがお送りした「Dr.ラッキーシリーズ」だけでなくチーパスゲームズが世に送り出した作品を安田均が紹介。最新作『Dr.ラッキーの島』の情報も。

 今春から今夏にかけて発売されるSNEの新作ボード/カードゲームの情報も盛りだくさん!
『テストプレイなんてしてないよ レガシー』のリプレイを、シリーズのカードイラストを手がけた松田実愛が執筆。〈EXIT〉シリーズほか、黒田尚吾新作『ビート・オークション』の紹介コミック等々、数々の話題作の情報に目が離せません!

 今号の付録には、『キルDr.ラッキー』のコンポーネントを使って遊べる『Dr.ラッキーの幽霊屋敷』のゲームボードを収録! ラッキー博士を愛する幽霊となって、博士と永遠に一緒になろうと各々実力行使にうってでることになります。
 付録のゲームボードを使ったTRPGシナリオソースほか、追加ルールも掲載しております。

 GMマガジンVOL.7は順次店舗やネットで予約が開始されます。
 お近くの書店にてタイトルとISBNを店員さんにお伝えいただければ、お取り寄せできることもあります。(西岡拓哉)
29日 ※ゲームマーケット2019大阪で先行体験あり
スティーブンスン・ロケット
  作=ライナー・クニツィア
  翻訳=グループSNE(安田均、伊勢淳三)
  制作・発売=グループSNE
  定価:4,500円(税別)
  JANコード:4580552550049

 名匠ライナー・クニツィアによる名作鉄道ゲームが日本語版になって登場します。
 鉄道ゲームならではの「広がる」楽しみはしっかりと、一方でルールはシンプルでとっつきやすい。さりとてプレイヤー間のかけひきは、遊べば遊ぶほどに深く悩ましくなっていく……鉄道好きにもゲーム好きにも、老いも若きも誰にでも、満足していただけること請け合いです。
 
 舞台は19世紀のイングランド。スティーブンスン親子が作り上げた機関車「ロケット号」による、世界で初めての旅客を乗せた運行が始まりました。
 その頃、鉄道は新たな巨大事業として急激に成長が進んでおり、熱狂的な拡大競争の時代、いわゆる「鉄道狂時代」が訪れようとしていたのです!

 このゲームでは、プレイヤーたちは鉄道会社そのものの経営者ではなく「鉄道王」を目指す投資家となります。
 イングランド各地で動き始める鉄道会社の株式を取得し、発言力・影響力を高めていくことはもちろんのこと、駅舎の建設や輸送物資の確保など、鉄道に関連するあらゆる権益が投資の対象。ときには、鉄道会社どうしの買収劇さえも利益を生み出す一手段として、他のプレイヤーを出し抜き、利用し、莫大な収益を上げていきましょう。

 クニツィアらしいシンプルで遊びやすいルールの中に、鉄道ゲームの楽しさと対戦ゲームのかけひきの熱さがぎっしり詰まった、まさに名作。
 日本語版オリジナルのデザインも、眺めているだけでワクワクできる美しさ。
 ボードゲーム好き、鉄道好き、歴史好きなら、このゲームは買うっきゃない!(伊勢淳三)
2019年04月
19日 ※第3回公募コンテスト 選外佳作
4人じゃたりない! ~ 妖精パーティー ~
  作=木村陽介
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550148

 妖精たちはパーティーが大好き。美味しいものを食べて、踊って歌って、疲れたらひと休み――そんな毎日を過ごせたらいいのに。
 でも……お菓子やジュース、テーブルに椅子、音楽やクッションは誰が用意するの? わたしはイヤだよ、めんどくさいもの。どの妖精もそう言います。
 そこであなた(プレイヤー)の出番! パーティー会場を準備し、妖精たちを招待しましょう。気持ちよく過ごせた妖精たちはお礼に“キラキラ”をくれます。
 ただし、気をつけて。妖精たちは寂しいのが大嫌い。“4人じゃたりない”のです!
 プレイヤーは全員、同じ妖精カードのセットを持ち、手番が来たらカード1枚をパーティー会場の1つに裏向きに出すか、妖精が5人集まっていると思う会場に対して「チャレンジ」を行います。
 思ったとおり妖精が集まっていたならチャレンジ成功。会場に置かれていたチップ(キラキラ)がもらえます。このとき、「2番目に大きな数字合計」になるようカードを出していたプレイヤーはボーナスがもらえるので、いかに“2番手を狙うか”も大事。
 チャレンジに失敗したなら、その会場に直前にカードを出したプレイヤーにキラキラをあげなくてはいけません(そのプレイヤーにまんまと“だまされた”のです!)。
 そうやってキラキラを最初に15個集めたプレイヤーの勝利。
 他プレイヤーとの読み合い、ブラフ、ここぞというときの思い切り――悶えるほどに楽しいカードゲームに仕上がっています。
 デザインは関西で活躍する木村陽介。公募ゲームコンテストの佳作が満を持しての登場です。永田愁の描くキラッキラの妖精たちがかわいい超小箱を目印にどうぞ!(柘植めぐみ)

2019.05.23 2人用のルール補足
20日 ソード・ワールド2.5サプリメント ヴァイスシティ ー悪徳の贄ー
  監修=北沢慶
  著=川人忠明&田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:2,800円(税別)
  ISBN:9784040731582

『ソード・ワールド2.5』に、待望のシナリオ型サプリメントが登場!
 これまでも大好評を頂いていたシリーズが、ついに最新ルールブックの環境で、新たな物語を楽しめるぞ。
 舞台はアルフレイム大陸北部、あの“奈落の壁”(ルビ:ウォールオブジアビス)にほど近いコルガナ地方、かつて「魔神への壁」として名をはせた都市だ。しかし現在ではすっかり様相が変わり、人族と蛮族、動物や魔神などが突然現れる危険地帯となってしまっている。君たちはいくつかの「導入」の中から自分たちの境遇を選び、この街に足を踏み入れることになる。
 本書は『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』とトランプ1組さえあれば、いつでも始められる。初めてTRPGを遊ぶ人でも安心、GMがいなくても遊べるという親切設計だ。敵が強くて困ったときは、本書に収録されている「オリジナルフェロー」や、少しの間だけ手伝ってくれる「イベントフェロー」の力を借りよう。万が一全滅してしまっても、「冒険者保険」に加入していれば大丈夫! 〈魔神化特約〉にも加入すれば、お財布も安心? ミッションをクリアしながら成長し、冒険者レベルが5~6くらいになれば、“悪徳の都”の真相に出会えるはずだ。
 普通の冒険よりもちょっとスパイシーな体験を求める方は、きっと楽しんでもらえるはず。ぜひ、すべてのエンディングを制覇してくれ。(田中公侍)
26日 きみの世界に、青が鳴る
  著=河野裕
  新潮社 新潮nex文庫
  定価:590円(税別)
  ISBN:9784101801469

 階段島シリーズ、完結です。
 この「成長すること」をテーマにした物語は、次にいったいなにが起こるのか、なにが正しくてなにが間違っているのか著者もわからないまま、いちいち悩み込んで書きました。
 私にとって、非常に個人的な小説を書けたと思います。その個人的なものを、大勢の方に受け入れていただけて、本当にありがたいです。
 ひとりの少年が、ひとりの少女に出会ったことから始まる、本当はとてもシンプルなはずのこの物語がどんな結末を迎えるのか、ご確認いただけましたら幸いです。(河野裕)
26日 いなくなれ、群青 Fragile Light of Pistol Star 1
  原作・シナリオ=河野裕(新潮文庫刊)
  キャラクター原案=越島はぐ
  作画=兎月あい
  スクウェア・エニックス Gファンタジーコミックス
  定価:600円(税別)
  ISBN:9784757559011
26日 ウォーロック・マガジン VOL.4
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:1920076018008
  ISBN:9784883753482

 祝1周年ということで、びっくりの米田仁士画伯の衝撃表紙に加え、特集が2つです。

 第1特集は「新入生歓迎」。連載コミック「はじめてのAFF」が入門と謳って、新入生歓迎の内容になり、もう一つの記事も、どんなTRPGから始めるのかの便利なガイドを、編集長が見事にまとめています。TRPG始めたいけどどうすれば、あるいは、どんなものをという人にはピッタリ。

 第2特集は新年度、新学期、新元号という時期なので、「新しい」RPGの紹介。未来の進化した犬人になって遊ぶ、愉快な本格ファンタジー「パグマイア」のワールドガイド(システムはD&D5eの簡単派生系。次号で特集)に加え、T&Tデザイナー、ケン・セント・アンドレのシンプルな最新ストーリーRPG「フォアーズ!」。リプレイ付きなので、すぐに理解できます。

 付録は、プロ野球開幕などシーズンなので、かつての人気カードゲーム「ウィズボール」をT&Tにコンバートした「トロールボール」簡易板(カード30枚)。<トロールワールド>での凶暴なスポーツをどうぞ。

 もう一つ、巻末ブックボーナスにフーゴ・ハルの新作ゲームブック「クレイルクエスト」。
 かつての名作へのオマージュでもある、氏の新作です。濁点がないのに気をつけてください。

 また、今回のブックレビュー「ファンタジー小説最新事情」はゲーム・文芸評論家の岡和田晃が、これから半年に登場するRPG小説の大作を先取りで取り上げてます(「トロール牙峠戦争」「SW2.5ノベル」「ドラゴンランス戦記」など。「ゴブリンスレイヤー」は既刊)。ご注目を。

 もちろん、いつものAFF2e、T&T関連の記事や定期コラムも充実です。「モンスター動物園」は最近のモンスター事典系の再活用。「マンパンの呪文」は近刊「ソーサリー・シナリオ」もあるので、旧世界のマンパン舞台。「トロールワールドの人々」では「モンスター! モンスター!」での各種族説明に加えて、はじめてトロールが詳しく語られます。「アンクル・アグリーの地下迷宮」はレベル2で、ここからでも「T&T完全版BOOK」収録の1の続きでも、どちらも楽しめます。おなじみコミックT&Tは「万太郎とシックス・パック」、こちらは近刊の「傭兵剣士」を舞台に抱腹絶倒です。その他、ミニシナリオも2つと充実。

 というようにこのまま書いていくと、1周年で賑やかなのはいいけど長くなるので、「T&T研究室」や「透子のファンタジークッキング」なども面白いですよということで、後は実物をお楽しみください。そうそう、情報コラムで「スティーブ・ジャクソンが33年ぶりに、新作ゲームブックで復帰か」は気になるでしょう? (安田 均)
2019年05月
02日 ソード・ワールド 蛮王の烙印 古の冒険者と捨てられた姫騎士
  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンノベルス(B6判)
  定価: 1,300円(税別)
  ISBN:9784040731575

 2018年にバージョンアップを果たした『ソード・ワールド2.5』!
 その長編小説が、ゴールデンウィークに登場です!

 舞台は、アルフレイム大陸中央部、ランドール地方。
 大陸でももっとも戦乱渦巻く地として知られるこの地で、新しい冒険が始まります。

 命を賭して世界を救ったはずの男、エルヴィン。
 確かに死んだ実感があるにもかかわらず、彼はある日、不自然な目覚めを迎えます。
 目の前に現れたのは、デナーレ王国の姫にして騎士であるヘドウィカと、その従者。
 彼女たちは、危機的状況にある戦場を突破するため、英雄である彼を《蘇生》の魔法で蘇らせたのです!
 しかも、エルヴィンの死後から約三百年の年月が経過しており、蘇生の副作用か記憶も曖昧。
 さらには救ったはずの世界には、ゴブリンやオーガといった蛮族が溢れ、平和とは縁遠い状況にあるという。
 加えて悪いことに、なぜかエルヴィンには“蛮王級世界破壊者”であるとか、“破界の魔王”などといった悪名がいくつも冠されており、状況は最悪。
 しかしそんな中でも、わずかに残る記憶と冒険者としての技量を駆使し、蛮族軍との戦いに挑んでゆきます。

 蘇生によって穢れきった体を持つ三百年前の英雄エルヴィンと、王国に捨てられた姫騎士ヘドウィカの冒険の旅は、果たして完遂することができるのか。
 蘇った高レベル冒険者の圧倒的戦闘力と、それを駆使したクレバーな戦いぶりを、ぜひ楽しんでください!(北沢慶)
10日 T&T モンスター型シナリオ・追加ルール モンスター! モンスター!
  著=ケン・セント・アンドレ他
  訳=安田均・清松みゆき、柘植めぐみ/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:3,800円(税別)
  JANコード:1920076030000
  ISBN:9784883753499

 いまをさかのぼること30年前。1989年に社会思想社から、『T&T RPGシナリオ・追加ルール モンスター! モンスター!』という画期的な本が発売されました。なんとシナリオが、“モンスターになって人間の村を襲おう!”という内容だったのです。作者はもちろん、T&Tの生みの親ケン・セント・アンドレ。本の後半には清松みゆきによる「モンスター・カタログ」も収録。モンスターのデータが少なめのT&Tでは大いに役立ちました。
 そしていま、『モンスター! モンスター!』が数倍のボリュームになって帰ってきます! 判型はルールブックと同サイズ。内容はざっと以下のとおりです。

ブック1:ルール&シナリオブック
 「モンスター! モンスター!」だけでなく、モンスターになって冒険を行うソロ・アドベンチャー「世界で最もタフなダンジョン」、モンスター捕獲シナリオ「トロールをつかまえろ!」を収録。

ブック2:カタログブック
 再録の「モンスター・カタログ」に加えて、「トロール神の恐るべき20体」を完全収録(一部は「ウォーロック・マガジンVol.2」で紹介)。

ブック3:スペルブック
 エルフ、ドワーフ、フェアリー、レプラコーンという“善の種族”だけでなく、ウルク、グレムリンという“悪の種族”の秘蔵の呪文を収録!

 ルールはもちろん「T&T完全版」に対応。“モンスターになって”“モンスターと戦い”“モンスターを研究する”、モンスター尽くしの1冊。ご期待ください! (柘植めぐみ)
15日 ゴブリンスレイヤーTRPG
  原作=蝸牛くも
  監修=安田均
  著=川人忠明/グループSNE
  SBクリエイティブ GA文庫
  定価 限定版:7,800円(税別)/通常版:1,000円(税別)
  ISBN 限定版:9784797399424/通常版:9784797390667

 ゴブリンどもをなぎ倒せ! おっと、敵はゴブリンだけじゃない。魔神に、闇人(ダークエルフ)に、邪神の教徒(カルティスト)。この世には、悪いヤツらが多すぎる。

 そんな四方世界を舞台に、冒険者となってエキサイティングでスリリングな冒険を繰り広げる『ゴブリンスレイヤーTRPG』が、「令和」という新たな自体の幕開けとともに、ドドンッと登場です!

 『ゴブリンスレイヤーTRPG』は、GA文庫から刊行されている大人気ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』の世界での冒険を堪能できるテーブルトーク・ロールプレイングゲームです。
 本作では、原作である『ゴブリンスレイヤー』の世界観を忠実かつ綿密に再現しています。物語の始まりとなる冒険者ギルド、群れを為して押し寄せてくる怪物どもの脅威、使える回数は限られるものの一発逆転の力を持つ強力な呪文、そして、治癒の水薬{※ルビ:ヒールポーション}や燃える水{※ルビ:ペトロレウム}などの原作でもお馴染みのアイテムの数々! そのボリュームは、なんとなんと圧巻の640頁!
 この一冊があれば、それだけで、あなたも原作に登場する小鬼殺し{※ルビ:ゴブリンスレイヤー}や女神官、あるいは妖精弓手、はたまた鉱人道士や蜥蜴僧侶たちのような冒険者となって、四方世界を冒険できるのです。

 特に、群れの脅威を表現することにこだわった戦闘システムでは、怪物を「ボス」と「モブ」に分類し、「モブ」は飛躍的に「ボス」の能力を強化させる「支援効果」を持っています。これにより、群れを率いる「ボス」は一撃で冒険者を粉砕するほどの強力な力を持つため、例え最弱のゴブリンといえども、侮ることはできません。また、戦いが長引いたり連続したりすれば「継戦カウンター」が蓄積し、冒険者たちは「消耗」していきます。この「消耗」が限界に達すれば、冒険者たちは気絶したり死んでしまったりするため、いかに連戦や長期戦を回避するかということも考える必要があるのです。
 本作を遊んで、ぜひともこれらの戦闘システムが再現するヒリつくような戦闘での緊張感を体感してください。それはまさしく、原作における街に押し寄せてきたゴブリンどもの群れとの戦いや、地下水道での死闘を彷彿とさせるものとなるはずです!

 さらに、本書には原作者である蝸牛くも先生が執筆したおよそ90頁にも及ぶ「世界設定」が掲載されている他、冒頭や各章の始めには書き下ろしのショートストーリーも掲載されています。
 また、『ゴブリンスレイヤーTRPG』には、限定版と通常版があり、限定版はすでにアナウンスされている通り、予約生産ながら原作の登場人物たちのフィギア、特製ダイスセット、マスタースクリーンが同梱されています。
 一方、通常版は1000円というお買い得価格なので、「ちょっと試しに」という感じで、気軽に遊んでみてはいかがでしょうか?(川人忠明)

→ GA文庫 ゴブリンスレイヤーTRPG特設サイト

  Q&Aやエラッタほか、最新情報はは特設サイトをご確認ください
15日 ぼんくら陰陽師の鬼嫁 五
  著=秋田みやび
  KADOKAWA 富士見L文庫
  定価:640円(税別)
  ISBN:9784040731667

 お待たせいたしました。ぼんくら陰陽師の鬼嫁、5冊目をお送りいたします。
 今回は、芹のさらなる過去と、北御門家の深部に関わる物語です。
 謎のミステリ作家との出会い。
 再び登場の廃墟研究会の面々と、お久しぶりの高倉家のお嬢様。
 懐かしの顔を取りまとめての大所帯で、閉園された遊園地への冒険に踏み出します。
 様々な謎や因縁が解けるか解けないか。
 今回上巻となっております、どうぞよろしくお願いいたします!(秋田みやび)
15日 ぼんくら陰陽師の鬼嫁 3 (コミックス)
  原作=秋田みやび
  キャラクター原案=しの とうこ
  漫画=acca
  KADOKAWA  ジーンLINEコミックス
  定価:620円(税別)
  ISBN:9784040656991
17日 モンスター・コレクションDeus
  監修=安田均
  ゲーム制作=加藤ヒロノリ/グループSNE
  KADOKAWA
  定価 カドカワストア特別限定版:10,000(税別)/通常版:4,500円(税別)
  JANコード 特別限定版:4935228249121/通常版:4935228249114

 令和のモンコレはひと味違う!
 今までのTCGスタイルではなく、スタンドアローンなカードゲームとしてモンコレが帰ってきます!
 その名も「モンスター・コレクションDeus(通称モンコレD)」!

 モンコレDはモンコレTCGに比べていろいろとシンプルになっております。
 デック構築なんかは超簡単。
 なんと15枚のハーフデックを2つ組み合わせるするだけでOK!

 簡単になるのはいいけど、面白さも半減じゃないの? そう思われたあなた!
 そこは大丈夫です! 簡単だけど奥の深さはTCG譲り!

 特に今作ならではの新要素。
 敵軍ターンに迎え撃つことのできる「迎撃」!
 戦闘開始時の戦術を補強する「速攻」!
 そして久しぶりに復活した「儀式」!
 ……など盛りだくさん!

 初めての人も、常連の人も、そして久しぶりの人も。
 すべての人々が楽しめるモンコレDをよろしくお願いしますぜー!(加藤ヒロノリ)

  → 公式サポートサイト
  → カドカワストア特設サイト
31日 ヴィクトリアン・マスターマインド
  作=アントワーヌ・ボウザ、エリック・M・ラング
  翻訳=グループSNE(安田均・笠竜海)
  制作・販売=グループSNE
  定価:6,000円(税別)
  JANコード:4580552550117

「悪漢(ヴィラン)」、それは「正しさ」に背いた者たち。危く、烈しく、恐ろしく。そしてそれゆえ魅力的。
「機械(マシーン)」、それは魔法のような叡智の結晶。力と可能性の象徴。

 本作『ヴィクトリアン・マスターマインド』のテーマは「悪漢」と「機械」です。作者は名作『世界の七不思議』や『花火』を打ち出したアントワーヌ・ボウザと、超大作『ライジング・サン』や多くの合作で有名なエリック・M・ラング。蒸気機関が発達した「もしも」のヴィクトリア朝時代を舞台に、悪漢となって覇を競います。

 やることは単純。5種類の配下、エージェントを表すタイルで山を作り、手番が来たら1枚引き、5つある都市のどこかに伏せます。他のプレイヤーも同様に置いていき、3枚重なったら計画実行。エージェントが行動し、能力を発揮します。置かれた都市や他人のエージェントによっても行動の結果が変わるため、単純な一手にも様々な思惑が絡みます。
 そして最大の目玉が、6種類の「マシーン」! 巨大で強力、個性豊かな愛機によって、様々な悪事が可能になります。さらに資源を集め、未完成のパーツを組み立てることで、戦略に合わせて愛機を強化できるのです。
 こうして世界の建物やダ・ヴィンチの古文書などを集めつつ、最も世界を混乱させた者が「機械世紀の犯罪王(ヴィクトリアン・マスターマインド)」の座を手にします。

 収集対象の世界の名所や、歯車状のエージェントタイル、そしてどこか愛嬌のあるマシーンなど、アートワークも秀逸な本作。ぜひあなたも入手して、悪の魅力に酔いしれましょう!(笠竜海)

2019.05.23 サポートページ
31日 シャドウレイダーズ 拡張セット/女王陛下の飛行船
  作=池田康隆
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:4571398990953

『シャドウレイダーズ 拡張セット/女王陛下の飛行船』は推理と戦いのボードゲーム『シャドウレイダーズ』をより深く楽しむための拡張セットです。
 追加されたキャラクターは20体!
 新たに導入された「飛行船ボード」は移動と攻撃の自由度を上げ、ド派手な展開を約束します。
 さらに、本作の白/黒/推理カードを加えることで最大10人までのプレイにも対応。
 すべてがスケールアップした『シャドウレイダーズ』をお楽しみください!(秋口ぎぐる)
(※本作のプレイには『シャドウレイダーズ』本体が必要となります。)
2019年6月
7日 Dr.ラッキーの島
  作=ジェイムズ・アーネスト
  翻訳=安田均/こあらだまり
  制作・発売=グループSNE
  定価:3,000円(税別)
  JANコード:4580552550131

 全国のラッキー博士を殺したい皆さま。再びかの博士を殺すチャンスが訪れました!
 今回の舞台は南海の孤島。断崖絶壁あり、怪しげな森あり、灯台ありサスペンスにはうってつけの舞台。
 なんと博士は、自分が恨まれているとは知らず、リゾート島にプレイヤーたちを招待してしまったのです。いち早くラッキー博士を殺害し、積年の恨みを晴らすのは一体誰でしょう!

 本作はジェイムズ・アーネストの名作「キルDr.ラッキー」の続編にあたります。
 プレイヤーは全員、ラッキー博士に何らかの恨みを持ち、虎視眈々と殺害の機会を狙います。
 これだけ聞くと、「みんな目的は同じだし協力ゲームかな?」と思われるでしょう。
 答えはノーです。このゲームの目的は、他のプレイヤーを出し抜き、誰よりも先にラッキー博士を自分の手で殺すことにあるのです。
 ラッキー博士を殺すには、まず「博士とふたりっきりで誰にも見られていない状況」を作ることが大切。他のプレイヤーを出し抜き、移動し、待ち伏せし、殺害を試みましょう。ラッキー博士の愛猫ラグー(黒ヒョウにしか見えない!)をうまく使って、他のキャラクターの注意を彼女に向けておくことも有効です。
 ふたりきりになっても、ラッキー博士はその名前の通り、あふれんばかりの幸運で殺害を回避します。これは、プレイヤーが殺害の試みにカードをプレイする際に、他のプレイヤーたちが妨害にカードをプレイすることであらわされます。
 また、今回の新要素として「災難カード」があります。これは、島で起こる様々な天災や事故を表します。これにはラッキー博士だけではく、他のプレイヤーを狙うこともできます。

 ゲームの目的が明快でルールもすっきりとしているため、キルDr.ラッキーシリーズ(『キルDr.ラッキー 19.5周年完全版』や『ゲット・ラッキー』)を遊んでいる方はもちろん、新しくプレイされるかたにもおすすめです。(こあらだまり)

2019.06.07 エラッタ掲載
14日 グリッズルド ご命令どおり!
  作=ファビアン・リフォー&ユアン・ロドリゲス
  翻訳=柘植めぐみ/グループSNE
  制作・販売=グループSNE
  定価:2,000円(税別)
  JANコード:4580552550094

 第一次世界大戦に徴兵された幼なじみ同士となり、生きて故郷へ帰ろう!――感動の協力ゲーム『グリッズルド』に、初めての拡張版が登場です。
 戦況はどんどん厳しくなるばかり。塹壕で寝起きすることに慣れてしまった仲間たちですが、みんなそろって生き延びようという約束は一日たりとも忘れたことがありません。
 この拡張版では、ミッションごとに司令本部から無理難題をふっかけられます(だから「ご命令どおり!」)。新たに登場するこの「ミッションカード」には、ミッションをちょっとだけ易しくしてくれたり、反対に難しくしたりする指示が書かれています。たとえば「雨」がへっちゃらになったり、かと思えば苦難カードが出るたびに士気が下がったり……。どのミッションを適用するかはリーダー次第。状況を見て適切に判断しましょう。「イージー」のカードを加えればゲームは簡単に、「ハード」を多く入れれば悪魔的になります。熟練度に応じて、自由にミッションの山札を作ってください。
 そして「これまで一度も生還できていません!」という不幸な兵士たちに朗報です! この拡張版から、サポート成功時の恩恵が大きくなりました。幸運のお守りを回復し、なおかつ苦難カードを捨てられるので、生きて故郷の土を踏む確率は上がる……はずです(絶対ではありません)。
 基本セットで紹介された2人用ルールとはまた別の、「新兵」なる足手まといを連れた2人用ルールも必見。初めてのソロルールは、1人でグリッズルド3人を動かします。これがなんとも難しいので、ぜひチャレンジしてください。
 戦争が終わるまであと少し! 厚紙でできたグリッズルド6人の立体コマも味わい深い本作をお楽しみに!(柘植めぐみ)

※『グリッズルド ご命令どおり!』は拡張版であり、プレイするには『グリッズルド』が必要です。

2019.06.19 エラッタ掲載
20日 ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ! 3
  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:820円(税別)
  ISBN:9784040731889

 HAHAHAHAHA!
 長らくお待たせしたな、読者諸君!
『トレイン・トラベラーズ!』の第三巻。シリーズの締めくくりの巻だ!
 蛮族の秘密兵器(ドリル!)を搭載した魔動列車が風穴をぶち明けんと、“奈落の壁”へと向かっている!
 この、アルフレイム大陸全土……否、下手すればラクシア世界すべてを混沌に叩き落とす未曽有の危機に立ち向かうは、お馴染み移動式冒険者ギルド〈鋼の水牛号〉の面々。待望の神官も増えて戦闘も安定だ!
 ただ、こいつらどうにもことの重大さを理解しきってないような……(汗)

 二つの地方をまたにかけ、列車で旅する冒険者達の物語はクライマックスへとひた走る!
 生き別れの兄弟、故郷の妹に幼馴染。PCを取り巻く様々なキャラクターも姿を見せるぞ!
 そして……あの卵の謎の一端が明らかに!?

 少しでも気になってくれたなら、是非手にとくれたまえ!

(ベーテ・有理・黒崎)
21日 アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版 シナリオブック02
ソーサリー・キャンペーン

  著=スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン&グレアム・ボトリー
  訳=安田均・こあらだまり
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:3,600円(税別)
  JANコード:1920076030000
  ISBN:9784883753567

 かつてミリオンセラーとなったゲームブックの代表作、スティーブ・ジャクソンの「ソーサリー」4部作を元にしたキャンペーン(連続)シナリオ。アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)のルールブックを使って、あの壮大な冒険が今度は仲間のキャラクターたちと進められます。全4部にわたる冒険は波乱に富み、プレイヤー同士の関係もどんどん発展し、終わる頃にはこの上もない経験となることでしょう。また、AFF2eを使えば、これの前編や後篇を作ることも自在です。

 本書にはまた妖術関係をまとめた、まるで呪文書のような「ソーサリー・スペルブック」も同梱されています。これを使いこなす妖術師としてキャンペーンを楽しむこともできますし、他のスペルのまとめもあるので、ディレクターとして使用するにも便利です。

 各部のマップやモンスターイラストは豪勢の一語。眺めたり、読むだけでもおもしろいので、ゲームブックファンの人にも解説書として最適。しかし、ここはぜひ付録の「罠の都カーレのマップ全図」を見て空想し、あなたの冒険を作って遊んでください。  (安田均)

2019.05.22 あとがき先行掲載
28日 ゲームマスタリーマガジン VOL.8
  著=安田均/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753598
  JANコード:1920076018008

  グループSNEの最新情報を特集したアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY  MAGAZINE)』の第8号。
 今号では「ファンタジー世界の旅」をテーマに『ソード・ワールド2.5』『ロードス島戦記RPG』『ゴブリンスレイヤーTRPG』の3大タイトルを特集!

『ソード・ワールド2.5』では旅にまつわる初心者~中級者向けシナリオを2本掲載。さらに『ソード・ワールド2.0』の〈博物誌〉シリーズで人気を博した追加データ「流派」を、SW2.5用にコンバートするコラムを清松みゆきが解説。

『ロードス島戦記RPG』では新作サプリメント情報をお届け! そして少人数で遊ぶ際にオススメなパーティ構成を杉浦武夫が徹底分析。
 水野良『ロードス島戦記』の新作小説「誓約の宝冠1」の情報も要チェック!

 現在大好評発売中の『ゴブリンスレイヤーTRPG』ではなんと原作者の蝸牛くも先生によるショートストーリーを特別にご寄稿いただきました。さらにそのストーリーに続く、ゴブスレTRPGで遊べるシナリオ付き!
 本作をこれから始めようという方にもオススメな紹介リプレイも掲載しております。

 このほかTRPG記事では、『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』のショートシナリオ、第3回グループSNE公募ゲームコンテストTRPG部門準入選『赤と黒』の制作情報をご紹介。
「SNE名作再発見」では『モンコレDeus』の発売ということで『六門世界RPG』&『六門世界RPG セカンドエディション』を解説。

 ボード/カードゲーム記事は「鉄道ボードゲーム」特集!
 SNEからすでに登場している『スティーブンスン・ロケット』や8月に発売予定の『トランスアメリカ&ジャパン』等々、ボードゲームにおいて深い歴史のある「鉄道ゲーム」を特集します。
『トレインズ』『18XX』『トレインレイダー』など様々な古今のあらゆる名作鉄道ゲームを一挙にご紹介。

 今夏から今秋にかけて発売されるSNEの新作ボード/カードゲームの情報も盛りだくさん!
 話題作『四国』の紹介コミックを吟鳥子先生に、インストにも使える『スティーブンスン・ロケット』の紹介をくらふと先生が手がけております。
 世界のボードゲーム制作者がゲームに関して徹底分析したコラム「コボルドのゲームデザイン」では、『ドミニオン』のディベロッパー、デイル・ユー自らがドミニオンを分析。
「コボルドのゲームデザイン」は単行本化を予定しておりますのでその情報もお見逃しなく!

 今号の付録には、「ロードス島戦記RPG ゲームマスタースクリーン」を収録!
 ゲーム上での頻出ルールや忘れがちな処理、戦闘特技一覧などを一挙に掲載したGM必携のアイテムになっております。米田仁士先生の描いたロードス島の地図もフルカラーで載っています。

 ゲームマスタリーマガジンVOL.8は通販サイトまたは全国のゲームショップ、書店にてお取り扱いいただいております。
 店頭に見あたらない場合は、店員さんに書籍タイトルとISBNをお伝えいただきますと、お取り寄せしてくれることもあります。

 記事の詳しい内容については動画内にてついに姿を現した編集長が紹介しております! (西岡拓哉)

 → GMマガジン&ウォーロックマガジン特別対談+AFF・T&T最新情報
   ニコニコ動画 Part1 / Part2
   Youtube Part1 / Part2
2019年07月
12日 トンネルズ&トロールズ完全版 アドベンチャー・シリーズ 7
傭兵剣士+青蛙亭ふたたび+無敵の万太郎とシックスパックの珍道中

  著=ジェームズ・ウィルソン/岡和田晃
  訳=安田均・清松みゆき/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753628
  JANコード:1920076018008

 「傭兵剣士」は「トンネルズ&トロールズ(T&T)」のソロアドベンチャーの中でも人気が高く、“いちばん遊びやすい”とも“極悪非道”とも称されてきました。出版されるのはなんと三度目! ここまで愛されるソロアドベンチャーは他に例がありません。
 今回の「傭兵剣士」は完全版のルールに対応。また、1979年にフライング・バッファロー社から出た初版のイラストを初めて使用しています。旧作をお持ちの方は、ぜひ見比べてください。

 プレイヤーは仕事を探して、21レベル(!)魔術師の塔までやってきます。そこで塔の地下に広がる迷宮の地図を作ってほしいと依頼され……。表題の「傭兵剣士」に加え、切っても切れない間柄のソロアドベンチャー「青蛙亭ふたたび」も一緒に収録。
 しかも、それぞれを多人数で遊べるようにしたシナリオと地図も掲載しました。書き手は岡和田晃さん。まさかこれらのダンジョンが地図になる日が来ようとは……オールドファン必見です。
 そしてこれら2作に登場する“はた迷惑な”岩悪魔(お酒が大好き!)との珍道中を描いた日本オリジナルのソロアドベンチャー3部作も収録。「ウォーロック・マガジン」誌に連載された岡和田晃さんの力作で、主人公は東方の剣士、その名も“無敵の万太郎”。さらに、そこから派生したコミック「〈黒のモンゴー〉の塔ふたたび」とそのシナリオ+地図のおまけも付いています!
 新旧/日米のソロアドベンチャー作家が織りなす「傭兵剣士」の世界をたっぷりお楽しみください。岩悪魔を怒らせないよう、くれぐれもお酒には気をつけて。 (柘植めぐみ)

2019.06.24 あとがき先行掲載
19日 ※TGFF2019先行発売!
四国
  作=エロイ・プハダス
  翻訳=安田均・柘植めぐみ/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:2,800円(税別)
  JANコード:4580552550087

「スペイン」×「巡礼」×「ゲーム」=お遍路!?
 サンディアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路で有名。聖地巡礼の本場スペインが、自国の巡礼路ではなくまさかの遠く離れた国の巡礼――お遍路に着目したことでも話題となった本作。

「お遍路」とは言わずもがな、四国4県にまたがる88ヶ所のお寺をまわる巡礼の旅。
 本作はプレイヤーがお遍路さんとなって、厄除け修行のため厄坂を登ることで有名な、徳島県にある23番札所薬王寺の厄坂を登るレースゲームです。
 しかし、これは仏教的なゲーム。物事の極端な状態から離れて、調和のとれた状態“中庸”でいることが求められます。
 レースで極端な状態……それすなわち1位と最下位になるのは愚の骨頂!
 先を競わず、かといって遅れをとらない、最終的に「2位」もしくは「後ろから2番目」となるよう歩まねばなりません。

 ルールは簡単。手札に3枚ある、1~33の数字に草履のアイコンが1~6個書かれたカードを各プレイヤーが1枚ずつ場に出し、数字順に並べます。
 ここで肝となるのが、場に出したカードの数字が「2番目に大きい」&「2番目に小さい」プレイヤーの存在。そういったカードを出したプレイヤーは階段を登れず、それ以外のプレイヤーだけがカードに書かれた草履の数だけ先に進めます。

「お先にどうぞ」「お先に失礼」とお互い空気を読みつつ、大事な場面では確実に相手を牽制しなければならないプレイ感にハマることまちがいなし!
 彩り鮮やかなパッケージとゲームボードも見応えのある本作。ぜひお楽しみください!

 詳しいゲーム内容は「SNEわんぱくゲームラボ 2019年6月号」でも紹介しています。(西岡拓哉)

 → SNEわんぱくゲームラボ2019年6月号
   ニコニコ動画 / Youtube

 → 発売日延期(7/5→7/19)のお知らせ
19日 ※TGFF2019先行発売!
ブラックストーリーズ デイリー・ディザスター 本当にあった日常災害についての50の”黒い”物語
  作=コリンナ・ハルダー&イェンス・シューマッハ
  翻訳=グループSNE/安田均、石野力
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  定価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550155

 進行役であるリドルマスターに対して、YesかNoで答えられる質問をくり返すことで謎の真相を突き止めていく「ブラックストーリーズ」。発想の転換、柔軟なアイディアが必須で、水平思考推理ゲームとも呼ばれます。
 これまでSNEから多くの“黒い物語”を出してきましたが、とくに人気の高いのは、“本当にあった”事件を取り上げたもの。「ファニーデス」「シットハプンズ」などがそうです。
 そして、この「デイリー・ディザスター」も!
 デイリー・ディザスターとは、すなわち日常の災害。実際に地球上のどこかで起こったハプニングばかりを取り上げていて、まさか冗談でしょ、と思うようなバカバカさにあふれています。でもどこかせつなくて、ひょっとすると自分にも起こるかも、と思うと同情を禁じえません。
 さて、問題です。
 どうやったら、食器乾燥機で人が死ねるでしょうか?
 答えは小さな黒い箱の中。さあ、50の謎にチャレンジしてください。(柘植めぐみ)
19日 ソード・ワールド2.0/2.5ArtWorks 11th Anniversary
  原作・監修・著=グループSNE
  編=編:ゲーム・企画書籍編集部
  カバーイラスト=輪くすさが・真嶋杏次
  KADOKAWA
  定価:2,800円(税別)
  ISBN:9784040732497

 2008年に「2.0」へと大規模リニューアルされた『ソード・ワールド』。
 気づけば10年の時を経て、2018年に『ソード・ワールド2.5』へとアップデートされ、早くも1年が経過しました。
 合わせて、なんと11年。
 この間に、驚くほど多くのイラストレーターの方々と、たくさんの作品を共有してきました。
 本書は、そうしたビジュアルをたっぷり集めた豪華な画集です。
 『ソード・ワールド2.0/2.5』関連作品のほとんどから、代表的なビジュアルを抽出。これを大判サイズでどーんと掲載しています。魔物ラストも大量に収録し、GMのビジュアルサポートにも役立つこの1冊。初代『ソード・ワールドRPG』からの作品年表も掲載され、まさに集大成となっています。
 『ソード・ワールド』ファンならもちろん、ファンタジーアートが大好きな方にもオススメなので、ぜひお見逃しなく!(北沢慶)
26日 顔のない天才
文豪とアルケミスト ノベライズ ―case 芥川龍之介―

  著=河端ジュン一
  新潮社 新潮nex文庫
  定価:490円(税別)
  ISBN:9784101801605

 本が突如として侵され、人々から忘れられゆく世界。
 愛をうたった詩がひとつ消えれば、世界が愛を少し忘れる。努力をつづった小説が消えれば、世界が努力を少し忘れる。
 侵蝕者に対抗できるのは、特務司書であるアルケミストによって転生させられた、文豪たちだけ。
 芥川龍之介は仲間とともに、侵された自著『地獄変』へ潜る。
 歪に書き換えられた物語の文意を探り、小説世界を進む芥川だが、侵蝕者の強力な攻撃で仲間は次々に倒れていく。
 たどり着いた最奥で彼に突きつけられる"罪"とは。

 ブラウザ&アプリゲーム「文豪とアルケミスト」公式ノベライズ第一弾を担当させていただきました。
読み終わったあと、原作ゲームはもちろん、芥川龍之介や『地獄変』にも興味を持っていただける本になっているといいなぁ。(河端ジュン一)
2019年08月
01日 ロードス島戦記 誓約の宝冠 1
  著=水野良
  KADOKAWA  角川スニーカー文庫
  定価:680円(税別)
  ISBN:9784041072417

 ようこそ、ロードス島へ。
 小説『ロードス島戦記』の最新作が12年ぶりの登場です。
 作家生活31年目に突入された水野良さん執筆の本作。前シリーズからは、およそ100年が経過しています。
 ようやく平和が訪れた“呪われた島”ロードス。しかし砂漠の国フレイムが、不戦の証である“誓約の宝冠”を拒否したことからほころびが生じ……。
 物語はマーモ王国第四皇子のライルを中心に進みますが、同じ時代を生きるさまざまな人々の群像劇にもなっており、いろいろな視点からストーリーを追うことができます。“永遠の乙女”ディードリットをはじめ、イラストレーターの左さんが描くキャラクターたちもみんな生き生きとしていて魅力的。
 古い読者のみなさんにとっては懐かしく、初めての人はその物語の重厚さに感動されることと思います。
 まず、この『誓約の宝冠』を読んでください。ロードス島の歴史を知りたいと思ったなら、過去作の『ロードス島戦記』『ロードス島伝説』『新ロードス島戦記』のシリーズにも触れてみてください。そして世界で遊んでみたいと思われた方は、『ロードス島戦記RPG』のルールブックもどうぞ。
 ロードス島と(また)巡り合える幸せを、多くの人々に味わってもらえればと思います。 (柘植めぐみ)
06日 危険なヴィジョン〔完全版〕3
  編=ハーラン・エリスン
  訳=朝倉久志・他
  早川書房 ハヤカワ文庫
  定価:1,240円(税別)
  ISBN:9784150122430

 1960年代末、カウンターカルチャー全盛の中、SFも<ニューウェーブ>運動に揺れ動いていた。そのアメリカでの中心ともなった巨大アンソロジーが全3冊で完訳がなった。50年を経て甦る当時の熱気に注目。ぼく(安田均)はこの第3巻で、ノーマン・スピンラッド「カーシノーマ・エンジェルス」を訳している。 (安田均)
09日 ゴブリンスレイヤーTRPGリプレイ
死と罠の街ランサペール

  原作=蝸牛くも
  監修=安田均
  著=川人忠明とグループSNE
  SBクリエイティブ GA文庫
  定価:690円(税別)
  ISBN:9784797390674

 長い歴史を持ち、繁栄を謳歌する港街ランサペールは、王国の辺境にありながらも、いくつもの組織が支配権を巡って抗争を繰り返す暴力と陰謀が渦巻く危険な街です。
 この街へとやってきた4人の駆け出し冒険者たち。

 父の敵を探して異邦からやってきた圃人(レーア)の少女剣士、長春花。
 吸血鬼狩りを志して修行の旅に出た交易神の女神官、ベルヴェデール。
 長傘と祖竜術を巧みに操り、達人っぽく見える蜥蜴人(リザードマン)の武道家、キュウ。
 投矢銃を愛用し、女性をこよなく愛する森人(エルフ)の射手楽士、レガート。

 それぞれに境遇も目的も異なるこの4人は、ひょんなことから一党を組むことになり、ランサペールを拠点として冒険を繰り広げることになります。
 最初の依頼として、行方不明になった少女を探しに沖合の無人島に向かった春花たちは、鰓人(ギルマン)の海賊団と遭遇し、海底遺跡に残されていた古代の遺物を巡る争いに巻き込まれていきます。
 さらに、ランサペールを牛耳る巨大組織のひとつである黒大老や、黒大老と対立する武闘派集団である交易神殿の神殿騎士団まで絡んできて、どんどん抜け出せない泥沼の陰謀劇に引きずり込まれていくのでした。
 4人の冒険者たちは、このありあらゆる悪が蔓延る街ランサペールで生き延びることができるでしょうか?

 大人気小説『ゴブリンスレイヤー』の世界での冒険を楽しめる『ゴブリンスレイヤーTRPG』初のリプレイが堂々の登場です!
 しかも、このリプレイには、原作者の蝸牛くも先生もプレイヤーとして参加。
 本書を読んで、シビれるような四方世界での冒険を、くも先生と一緒に体験してみてください!!(川人忠明)
23日 トランスアメリカ&ジャパン
  作=フランツ=ベノ・デロンシュ
  翻訳=グループSNE
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  定価:4,000円(税別)
  JANコード:4580552550162

 気楽に遊べる楽しい鉄道ゲーム、『トランスアメリカ&ジャパン』! 
『トランスアメリカ&ジャパン』では名作『トランスアメリカ』と完全新作『トランスジャパン』2作を共に収録しております。
 2001年初めて発売された『トランスアメリカ』は『スティーブンスン・ロケット』(3月発売)と共に2000年代を体表するドイツの鉄道ゲームになりました。鉄道ゲームは3時間以上のプレイ時間を要求する物が大半ですが、このゲームはドイツゲームのダウンサイジング手法で、なんと30分で決着が着く鉄道ゲームなのです。
 19世紀のアメリカを舞台に、大陸を横断する線路網を構築しましょう。貴方がやることは単純です。線路コマを置くだけです! 各プレイヤーは自分に与えられた5つの目的地を繋ぐために、自分のスタート時点から線路を伸ばします。他人の線路網と繋げない限り、5つの目的地を繋ぐことは難しいです。いつ他人の線路を繋ぐか、悩みに悩む戦略性もキッチリ存在するゲームです。
 その名作に加えて、グループSNEが贈る完全新作、『トランスジャパン』が登場! 今度の舞台は「日本列島」。貴方が良く知っているあの都市にあの街に、想像もしなかった線路が広がります!
そして『アメリカ』と『ジャパン』、両方で使える13枚の「追加ルール」を収録。 目的地を1枚公開したり、1位が不利になったりして戦略性を高めるカードもあればルールそのものが変わる驚きのカードも存在します。
 名作をそのまま遊ぶだけではなく、いろんな遊びができるようになった『トランスアメリカ&ジャパン』。鉄道ゲームが分からない方には入門の機会に、鉄道ゲームマニアの方にはコレクションになるでしょう。 貴方も一緒に線路を繋ぎましょう!
(鉄道ゲームの歴史についてもっと知りたい方は、『ゲームマスタリーマガジン』 VOL.8の特集記事、『特集 鉄道ボードゲームの世界』も是非チェックしてください!) (ゼサン)

2019.10.09 追加ルールを掲載
28日 さよならの言い方なんて知らない。
  著=河野裕
  新潮社 新潮文庫
  定価:590円(税別)
  ISBN:9784101801636

高校2年生の香屋歩と秋穂栞の元に届いた奇妙なゲームへの招待状には、2年前に「いなくなった」親友――トーマが最後に手にしていた封筒と同じマークが描かれていた。
招待状をいぶかしみながらも、トーマの影を追いかけて参加したゲームで、香屋と秋穂は「架見崎」と呼ばれる不思議な街に迷い込む。その街ではゲームの参加者たちが、「運営者」から与えられた能力を使い、陣取り合戦をしていた。
架見崎のゲームは、なんのために行われているのか? 運営者とは何者で、トーマはいったいどんな形でそのゲームに関わっているのか?
死と隣り合わせの街で、臆病な少年の戦いが始まる。(河野裕)
30日 ウォーロック・マガジン VOL.5
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:1920076018008
  ISBN:9784883753666

 今号は最新海外RPG「パグマイア」登場に合わせて、その大特集と、それに負けないAFF2eとT&Tの3本立て特集だ。
「パグマイア」は人類が謎の理由で消えた遥かな未来、知性化された犬たちを中心に(猫や他のいくつかの種族も知性化されている)、ファンタジーめいた冒険世界を探って行く。システムはD&D5eをベースにしたオープンゲームであそびやすくおもしろくしてある。その「パグマイア」のシナリオやリプレイ、ソロアドベンチャー、小説など、知りたい新しいゲームの魅力がいっぱいだ。
 AFF2eでは、ソーサリー・キャンペーンへと続くコミックやモンスター事典/超モンスター事典を活用したリプレイに、今後登場する「ヒーロー・コンパニオン」に合わせた7種の魔法の紹介や、それをもとにしたソロアドベンチャー、「トロール牙峠戦争」の新たな見方など。
 T&Tも、故リック・ルーミスを追悼するソロアドベンチャーに、「モンスター! モンスター!」の異種族魔法シナリオ4篇、さらにクトゥルフ・バリアントのシナリオ。それに、汎用サプリメント「グリムトゥースのトラップブック」の紹介リプレイコミックと、それを実際のT&Tに適用した記事など。
 他にもT&T研究室や遊戯史学、ファンタジークッキングなど読み物もお腹いっぱい。
 これは、まさに永久保存版とも言える内容。TRPGファンの人は必携だよ^^ (安田均)
2019年09月
13日 グリムトゥースのトラップブック
すべてのロールプレイングゲームのためのゲームマスターエイド

  編=ポール・ライアン・オコナー
  訳=安田均・柘植めぐみ
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:1920076018008
  ISBN:9784883753680

 すべてのロールプレイングゲームで活用できる便利アイテムが登場!
 その名も『グリムトゥースのトラップブック』です。――グリムトゥースって、「トンネルズ&トロールズ(T&T)」に登場するトロールの名前じゃなかった、って? 確かにそうなのですが、この本で紹介する「トラップ=罠」は、「ソード・ワールド2.5」でも「アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版」でも大活躍まちがいなしです。
 あなたを待つのは、全部で101もの罠! そのほとんどが「図解付き」で、構造は一目瞭然。どうやってキャラクターたちを陥れてやろうかと想像がふくらみます。
 罠は「部屋の罠」「通路の罠」「扉の罠」「アイテムの罠」「その他の罠」にグループ分けされ、細かな判定方法やダメージ量については書かれていません。そこはゲームマスターのあなた次第! とはいえ、およその「脅威度」(無慈悲さのレベルとも言います)は明記されているので、参考にしてください。
 罠は「考案者」(フライング・バッファロー社の書き手の面々)からグリムトゥースに提供されたという体で書かれていて、読み物としてもお楽しみいただけます。また実用例として、罠をいくつかピックアップした日本オリジナルのダンジョンシナリオも収録しました(システムは「T&T」)。ぜひ遊んでみてください。
 本場アメリカではすでに8冊が出ているこのシリーズ。ご要望があれば続刊も出せるかもしれません! (柘植めぐみ)
20日 ロードス島戦記RPGサプリメント
魔神戦争・邪神戦争編
  原案=安田均/水野良
  ゲーム原案=高山浩
  著=川人忠明/杉浦武夫/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,400円(税別)
  ISBN:9784040733319

『ロードス島戦記RPG』に、256ページの総合型サプリメントが登場します。ポイントは8つ。
 1つめ。ワールドガイドが充実! まずはルールブックより約40年前の「魔神戦争期」、原作小説では『ロードス島伝説』シリーズの時代を紹介。そしてルールブックから数年後~約15年後の「炎の魔神~火竜山の魔竜」「魔神戦争期」、原作小説『ロードス島戦記』2~7巻の時代を紹介しています。
 2つめ。魔神戦争期の“最も深き迷宮”へと繋がる迷宮を、ランダム生成ダンジョンとして楽しめるキャンペーンシナリオを収録!
 3つめ。邪神戦争期の、バリエーション豊かな単発シナリオを5本紹介。邪神戦争期と言いつつ、「炎の魔神~火竜山の魔竜」の頃のシナリオも収録されており、PCの対応レベルもさまざまです。
 4つめ。新ルールの複合判定。これは時間をかけてPCが役割分担しつつ成功を積み重ねるルールです。これまで活用しづらかった特技や、シティアドベンチャーに便利でしょう。
 5つめ。PC用の11種の経歴表と、手軽にPCを成長させられる簡易冒険表! 素早く深みのある初級~中級レベルPCを作成できます。
 6つめ。新アイテムと、新たな信仰2種を追加! 新アイテムはPCの行動選択肢を広げてくれるものから、GMが敵に使わせたくなるもの、シナリオアイデアに使えそうなものまで、約60種。追加の信仰では、鍛冶の神ブラキと、芸術の神ヴェーナーを紹介しています。
 7つめ。毒物と病気のデータを追加。陰謀劇や病気に苦しむNPCなど、シナリオの幅が広がります。
 8つめ。ルールブックと同程度の大量のモンスターデータを追加! ゴブリンより弱いザコ敵から、作品世界内でも屈指の人類の脅威である魔神王まで、GMのシナリオ作成の手助けになるでしょう。
 ルールブックと併せることで、長く楽しめる1冊となっております。(杉浦武夫)
20日 ソード・ワールド2.5リプレイトライ
継承される物語
  著=北沢慶/清松みゆき/秋田みやび/笠竜海
  KADOKAWA  ドラゴンブック
  定価:840円(税別)
  ISBN:9784040733326

 『Role&Roll』に連載されたリレーリプレイが、ついに1冊にまとまってドラゴンブックから登場!
 今回のリプレイのテーマは、「楽しく」「自由に」「気楽に」リレーセッションをやってみよう! というもの。
 ところがどっこい……トップランナーを務める秋田みやびの遊び心が、予想外の「自由さ」を発揮! 300年前に滅びた魔動機文明時代の、いままで隠されていた思いがけない文化や歴史が白日の下にさらされることとなったのです。
 そして、彼女は言いました。

「シナリオを作るときは、好きなテーマで、自由に発想を広げればいいのよ。その例示になればと思って」

 おっしゃるとおり!
 こうして、後を継ぐ北沢慶、清松みゆきもまた、自由に楽しく(?)シナリオを作り、たいへん個性的なリプレイへと仕上がりました。

 そして優しい(?)先輩たちから、最終回のバトンを渡された、新人である笠竜海の出した回答とは!?

 まさに驚きと面白さに満ちた、リレーGMならではの本作。
 リプレイ好きな読者はもちろん、「GMって難しそう」「ルールや設定をしっかり読み込まないとGMできないのかなぁ」なんて尻込みしている方にも読んでいただいて、ぜひGMにトライしてもらいたいと思って書かれた1冊です(ホントだよ!)。

 やっぱりゲームは、「楽しんだもの勝ち!」ですね!(北沢慶)
28日 さよならの言い方なんて知らない。 2
  著=河野裕
  新潮社 新潮文庫
  定価:710円(税別)
  ISBN:9784101801674

 正体のわからない「運営」に管理され、生きる‎ために戦いを繰り返す街、架見崎。
 その中の、3つの大手チームのうちの2つ――平穏な国とPORTが、もうすぐ交戦することになる。そう予見した香屋歩とトーマは、戦いを「引き分け」に持ち込むため、最後の大手チーム「架見崎駅南改札前」へと向かう。そこは最強のプレイヤー月生がただひとりだけ所属するチームだった。
 同じころ、ミケ帝国にいる秋穂栞の元に香屋からの手紙が届く。秋穂は、その暗号じみた文面を読み解こうと記憶を辿る。
 間もなく始まる、架見崎中を巻き込む戦いの中で、臆病な少年はなにを目指すのか?(河野裕)
30日 パグマイア RPGルールブック
  作=エディ・ウェブ
  監修=安田均
  訳=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE(ゼサン、柘植めぐみ)
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:5,000円(税別)
  JANコード:1920076050008
  ISBN:9784883753697

 現代より遥か未来の地球――
 終末的な戦争の結果か、宇宙への大量移民か、それとも高次存在へと進化したのか……いずれにせよ人類の姿はすでに地球上から消えていた。
 人類に代わって地球上を闊歩するのは、知性化(アップリフト)された犬や猫など“知性ある種族”たち。その中でも犬族はヒトを神として崇め、その遺物を尊び、組織的宗教であるヒトの教会、道徳規範である“ヒトの規範”、そして中世封建社会に似た社会制度を持つ王国を築きあげていた。
 王国の名前は“パグマイア”。
 その規範の第一条には、こうある――

 “善き犬であれ!”


 『パグマイアRPGルールブック』は遥か未来の、様変わりしてしまった地球で、二足歩行の知性ある犬のキャラクターを使って、中世ファンタジーのような(時に少しSFチックな)冒険を繰り広げるテーブルトークロールプレイングゲームのルールブックです。
 本書にはあなたの理想の犬を作るために必要な『天命(コーリング/クラスや技能相当)』や『血統(ブリード/種族相当)』、犬が覚えられる様々な『芸(トリック/特技や必殺技のようなもの)』のデータが入っています。他にも、d20システムをベースとしたシンプルで遊びやすく、しかし奥深いルール、詳細な世界設定、数々の『敵(エネミー)』データ、そしてすぐにでも遊び始められるようにシナリオと、盛りだくさんの内容です。
 さらに、これらの文章を飾る雰囲気たっぷりなイラストは、全編フルカラー!

 あなたも“善き犬”となって、厳しい未来世界を開拓していきませんか? (ベーテ・有理・黒崎)

サポートページ
 ゲームサポートや遊び方がわかるプレイ動画などを掲載しています!
2019年10月
04日 ゲームマスタリーマガジン VOL.9
  著=安田均/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753741
  JANコード:1920076018008

 グループSNE の最新情報を特集したアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY  MAGAZINE)』の第9号。
 今号では「冒険者VSゴブリン」をテーマにファンタジー世界の冒険の初歩を特集!

『ソード・ワールド2.5』では待望の新作『ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット』<星をつかむ迷宮><水の都に沈む闇>のWタイトル情報のほか、大型サプリメント『エピックトレジャリー』を特集した紹介記事、ショートノベルを掲載。

『ロードス島戦記RPG』では新作サプリメント『魔神戦争・邪神戦争編』の見どころと、ゴブリンをはじめとするモンスターの効果的な使い方を解説したシナリオ作成コラムをお届け。

『ゴブリンスレイヤーTRPG』では、今号の特集「ゴブリン」にちなんで原作者蝸牛くも先生に、古今のあらゆるゴブリンを紹介していただき「ゴブリンとは何ぞや?」を思いっきり語ってもらいました。そのほか冒険者視点、ゴブリン視点でプレイできるソロアドベンチャーも掲載しています。

 このほかSNE新作TRPG情報が登場します! 第3回グループSNE公募ゲームコンテストTRPG部門準入選『捏造ミステリーTRPG 赤と黒』の作品紹介リプレイを今号で初公開!

 ボード/カードゲーム記事では「ミステリーなゲームたち」がテーマ。
 ミステリーゲームの新たなジャンルとして話題になりつつある「マーダーミステリー」とは。そして、SNEから発売予定のマーダーミステリーMystery Party in the Boxシリーズから『九頭竜館の殺人』(秋口ぎぐる)『何度だって青い月に火を灯した』(河野裕&黒田尚吾)を紹介! さらにSNEから発売中の「ブラックストーリーズシリーズ」「EXITシリーズ」もおさらいしています。


 世界のボードゲーム制作者がゲームに関して徹底分析したコラム「コボルドのゲームデザイン」はTRPGのデザイニングコラム「コボルドのRPGデザイン」にリニューアル!
 記念すべき第1回目は、『トンネルズ&トロールズ』の制作チームの1人にして作家のマイケル・A・スタックポール。

 今号の付録には、「ゴブリンスレイヤーTRPG 戦闘管理ボード&チャートブック」を収録!
 戦闘のロケーションやイニシアチブ管理がお手軽にできるボードと、呪文、技能などゲーム中に頻出するデータの一覧が載った大変便利なブックとなっています。

 ゲームマスタリーマガジンVOL.9は通販サイトまたは全国のゲームショップ、書店にてお取り扱いいただいております。
 店頭に見あたらない場合は、店員さんに書籍タイトルとISBNをお伝えいただきますと、お取り寄せしてくれることもあります。(西岡拓哉)
04日 ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット
星をつかむ迷宮
  監修=安田均
  作=河端ジュン一/北沢慶/グループSNE
  制作・販売=グループSNE
  定価:3,000円(税別)
  JANコード:4580552550216

「TRPGをやってみたい!」
「ソード・ワールド2.5に興味があるんだけど……」
 そんな人たちにぴったりなのが、この『ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット』だ! 鉛筆もサイコロも用意しなくてOK、キャラクターもアイテムも魔物もカードにまとまっているので、これを買うだけですぐに遊べる! ルールも取捨選択されて遊びやすい!
 と2.0のときもご好評いただいたが、今回はさらにバージョンアップ。キャラクターカードはホワイトボードマーカーで書き消しできる素材になって、より便利に。おまけに白紙のホワイトボードも同梱して、セッション中の調査メモなど、かゆいところに手が届く!

 さらに、今回は2週連続で2作発売。

 第1弾「星をつかむ迷宮」は、ダンジョン編。
 1人用チュートリアルシナリオ(30分でルールの概要がざっくりわかる)1本と、ダンジョンタイルを活かしたギミック満載のシナリオ(GM+1~4人用)がキャンペーンとして3本収録。とくに、

「迷宮、遺跡、研究所……変な建物が好き!」
「探索や罠、謎かけが好き!」
「せっかく紙とペンだけじゃなくタイルを使って遊ぶなら、その面白みを活かしたギミックを見たい!」

 という方に楽しんでいただけるだろう。
 翌週発売のシティアドベンチャー編「水の都に沈む闇」と合わせて、チェック必須だ!(河端ジュン一)

 SW2.5 RPGスタートセット紹介プレイ動画 niconico動画 / Youtube
11日 ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット
水の都に沈む闇
  監修=安田均
  作=北沢慶/河端ジュン一/グループSNE
  制作・販売=グループSNE
  定価:3,000円(税別)
  JANコード:4580552550223

 「TRPGをやってみたい!」
 「ソード・ワールド2.5に興味があるんだけど……」
 そんな人たちにぴったりなのが、この『ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット』です!

 本作「水の都の沈む闇」は、街での冒険――つまり、シティアドベンチャーがメインのセット。
 冒険の舞台は、“水の都”の異名を持つ王都ハーヴェスです。
 プレイヤーはこの街を舞台に、新米冒険者として、小さな依頼を発端に、様々な事件へと挑むことになります。

 パッケージとしては、基本ルールブック、1人用チュートリアルシナリオ、GMとプレイヤーで遊ぶ本格シナリオ3本が収録され、たっぷりと遊ぶことができます。
 キャラクターも4人分を用意。武器や防具はアイテムカードで管理され、見た目にもわかりやすく楽しい雰囲気でまとめられています。
 しかも、キャラクターカードはホワイトボードマーカーで書き消し可能。もちろんホワイトボードマーカーとサイコロも人数分が付属。このセットひとつあれば、『ソード・ワールド2.5』を即座に始めることができます。

 本作はシティアドベンチャー編ということで、「王都ハーヴェス」の大判マップも収録。
 街の中をところ狭しと駆け回る冒険者の動きを表現するため、「冒険者ギルド」「商店」「広場」「地下への入口」などの目的地チットもたっぷり用意。シティアドベンチャーにありがちな、「プレイヤーが次にどこに行っていいかわからない」「GMが行ってほしいところにプレイヤーが行ってくれない」という問題は解消されます。

 主要なNPCや、登場する魔物もカードにまとまっており、参照性は抜群。
 シナリオをすべてプレイした後も、マップと目的地チットを使ってオリジナルシナリオを作ることも可能です。

 これから始める人も、お友達に勧めたい人も、もちろんTRPGが大好きな人も。
 ぜひ、スタートセットで、『SW2.5』を楽しんでください!(北沢慶)

 SW2.5 RPGスタートセット紹介プレイ動画 niconico動画 / Youtube
18日 幻想と怪奇 傑作選
  監修=紀田順一郎・荒俣宏
  発行・発売=新紀元社
  定価:2,200円(税別)
  ISBN:9784775317600

 1973年、オカルトブームやモダンホラー台頭の兆しのある中、伝統の怪奇小説分野と奇妙な味の混淆した分野「幻想と怪奇」にもスポットが当たり始めていた。幻想怪奇文学を専門とする雑誌である。同時期のラブクラフト、ブラックウッド、ダンセイニらを紹介した<ブックスメタモルファス>と並んで、この雑誌が幻想怪奇小説に果たした役割は大きい。
 1974年オイルショックで経済混乱の中、2年ばかり12冊ばかりであったが、この分野の先駆けとなる紹介は十分に果たしたと言えるだろう。
 これの復刻版であり、そこからのアンソロジー、なお前身となる同人誌「The Horror」も収録。ぼく(安田均)の商業翻訳デビューはこの雑誌となる。懐かしさと面白さが甦る。 (安田均)
19日 ソード・ワールド2.5サプリメント エピックトレジャリー
  監修=北沢慶
  著者=田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA  B5判
  定価: 3,400円(税別)
  ISBN:9784040733715

『SW2.5』も発売から1年が経過し、ついにこの時期がやってまいりました。
 そう、開発スタッフ内では「大型サプリメント」と呼ばれている、ルール、データをアップデートするサプリメントの登場です。
 その名も『エピックトレジャリー!』名前から推察いただける通り、アルフレイム大陸で使われる、大量のトレジャーを収録した、アイテムサプリメントです。
 既存のアイテムも見やすく一覧化され、アナタのステータスにあわせた武具や、予算に適した装飾品がとても探しやすくなっています。もちろん新規アイテムも多数収録。同じブランドの装飾品を複数身につけるとステキな効果が現れることも。
 冒険者を取り巻く世界もがっつり解説。『ルールブックⅠ~Ⅲ』に収録された、すべての技能についての詳細な解説や、成長時のオススメなどを紹介。読み物としても、『SW2.5』の世界を深く楽しめます。主要な神様の聖印デザインも新規収録。
 さらにルールのすべてを使いこなすための「熟練戦闘ルール」、キャラクターの能力値をポイントによって作成する「ポイント割り振りによるキャラクター作成」、冒険者が仕事をしないときに何をしているかを解説する「一般技能」「冒険者たちの日常」などのプレイサポートも充実。巻末には参照しやすい索引と、戦闘特技の習得チャートなどが掲載され、GM、プレイヤーともに必携の1冊となっています。
 美麗なイラストも多数掲載。皆様の冒険者ライフに欠かせない1冊となること間違いナシですよ。(田中公侍)
31日 ロストシティ:ライバルズ
  作=ライナー・クニツィア
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作・販売=グループSNE
  定価:2,500円(税別)
  JANコード:4580552550124

 もはや不動の名作でもあるライナー・クニツィアの2人用ゲーム『ロストシティ』に新たな仲間が登場! といっても、ただの「多人数でも遊べるようにした」ゲームではありません。まさに似て非なるもの!
 『ロストシティ』は5つの探検地のそれぞれどこまで行けるかを競うゲーム。5色の数字カードを、「昇順に」出していかねばなりません。得点を2倍にする賭けカードもあって、どの色にポイントを絞るか、いかに相手に有利なカードを回さないか、など考えることがたくさん、それが心地よい快感に思えてくるゲームです。
 その『ロストシティ』に「競り要素」が加わったのが、『ロストシティ:ライバルズ』。カードを昇順に出すというルールは変わっていませんが、それ以外のシステムは一新!
 プレイヤーは手番に山からカードを1枚引いて共通の場に加えるか、「競りを始める」か、どちらかを行います。競りが始まったなら、限られたコインで場のカードの権利を巡って争います。コインは全員で合計枚数が決まっており、折々に再分配されるので、どこで思い切った競りをするかも大事。
 自分の前に並べる探検カードには、『ロストシティ』と違って同色同数字のカードもあるので、置きやすくなっています。またゲーム開始時から2枚の賭けカードを配られるので、最初からどの色に狙いを定めるかの指針もあって、ファミリーでも安心して遊べます。
 その一方で、ゲーマーの評価も非常に高い本作。遊べば遊ぶほど、その奥の深さが感じられるでしょう。ぜひ、チャレンジを! (柘植めぐみ)



…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2018年
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年


TOP