本文へスキップ

株式会社グループSNEオフィシャルサイト

2024年 既刊案内


←新刊案内へ戻る →2023年の作品


2024年1月
19日 ソード・ワールド2.5サプリメント ドーデン博物誌
監修=北沢慶
作=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
発行・発売=KADOKAWA
定価:3,630円(3,300円+税)
ISBN:9784040753119

あの『ブルライト博物誌』から1年、地方全体をどどーんと紹介するサプリメント『博物誌』が帰ってきた!
今回は、アルフレイム大陸の特徴のひとつである、鉄道の始まりの地「ドーデン地方」を徹底サポート! 新しいデータや世界設定が満載だ!

〇鉄道だけじゃない、バラエティに富んだドーデンの土地!
鉄道の生まれた地である“鉄と鋼の盟主”キングスレイ鉄鋼共和国はもちろん、“鉄と鋼の同盟”を構成するドーデン地方の各国、そしてコルガナ地方と分断するノーザンファング連山について、地域の歴史や風土について詳細に解説! キングスレイに関しては、首都キングスフォールはサプリメント『鉄道の都キングスフォール』で大いに解説したため詳細はそちらに譲るが、今まで語られてこなかった第二都市ヒスダリア、第三都市グランティンの詳細が! さらにアルショニア女王国、フレジア森林国、ゴケルブルグ大公国、オルフィード湖国、マグノア草原国の知られざる詳細も明らかになるだろう。
『ブルライト博物誌』同様地方経験表と、各国各地の名物料理についてのページも用意されているぞ!

〇新流派・アイテム!
6つの新流派が登場! 近接銃撃術や、火と土をかけ合わせた妖精魔法、不安定な姿勢で戦う武芸、植物に特化した森羅導術、トンネル掘りから発展した武術、香りで離れた位置から騎獣を操作する流派など、わくわくするものが揃っているぞ。流派特有のアイテムはもちろん、地方の名産品も目白押しだ!

〇地方固有魔物
ドーデン地方の脅威となる新規の魔物たちも収録されている。草原を荒らす猪頭のタスクと半人半虎のタイラン、恐るべき幻獣ジェヴォ―ダンにタラスク、草原の空を飛ぶウィングドバッファローに、線路を溶かす魔動機レイルイーター……他にもまだまだたくさんだ!

〇シナリオ
コルガナ地方へと続く、アンダファングトンネルの入り口近くに〈奈落の魔域〉が発生した! そこから始まる過去の“食”を巡る冒険者、まさかの展開に……! 前編、後編と続けて遊べるシナリオ「崩落トンネルの彼方」を収録しているぞ。作成したばかりのPCで、ショートキャンペーンで遊べるようになっている。ぜひ挑んでみてほしい!(ベーテ・有理・黒崎)
30日 GMウォーロック Vol.12
作=安田均/グループSNE
発行=グループSNE
発売=新紀元社
定価:2,420円(2.200円+税)
ISBN:9784775321270

グループSNEが刊行しているTRPG&ボード・カードゲーム専門誌『GMウォーロック』の第12号。

今号の特集は新年の辰年にちなんで「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」!

特集part1では「2024年のSNE」と題して、新年に登場予定のグループSNEの新作タイトルを一挙ご紹介。マーティン・ウォーレスが手がけるFFボードゲーム『FFアドベンチャー』、テストプレイなんてしてないよ新作、フランス発の話題のTRPG『クリティカル』先攻リプレイ、こあらだまりデザイン『いさましいちちびっこ炊飯器TRPG』、和風ファンタジーシナリオゲーム『境都妖異世界』の紹介等々盛りだくさん。

特集part2では「ドラゴン」そのものをテーマにした、GMウォーロックでサポート中のRPGサポート記事・シナリオ記事が登場。さらに『IKI』の山田空太が手掛けるオリジナルゲームも掲載。


第2特集は「MYSTERY START UP!」。これからミステリーゲームを始めようという方、そして今年ももっとたくさんのミステリーゲームを楽しみたい方に向けた謎解きゲーム情報を特集しています。
さらに大人気『卓上探偵団』シリーズの本誌体験版の謎を作家・円居挽が制作。そして卓上探偵団ミニ外伝を『そういうお前はどうなんだ?』の黒田尚吾が執筆。好評のオリジナルマーダーミステリーも2本立て! 忍者屋敷がテーマの「忍者屋敷の怪事件」を作家・似鳥鶏が、ヒーローショーがテーマの「推理戦隊ダレガヤッタンジャー」を『優しい死神の席』の鯖井凌が制作。

このほか『ソード・ワールド2.5』や『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版』『暗黒神話TRPG トレイル・オブ・クトゥルー 改訂版』など、TRPGのサポートも、シナリオ、ソロアドベンチャー、コラムなどで充実のお届け。


GMウォーロックの購入は定期購読が大変便利です。
また、各種通販サイトまたは全国のゲームショップ、書店でもお取り扱いいただいております。 店頭に見あたらない場合は、店員さんに書籍タイトルとISBNをお伝えください。(西岡拓哉)
2024年2月
16日 ファイティング・ファンタジー・コレクション 40周年記念
~スティーブ・ジャクソン編~「サラモニスの秘密」

作=スティーブ・ジャクソン
監修=安田均
訳=安田均とグループSNE
発行・発売=SBクリエイティブ
定価:8,580円(7,800円+税)
ISBN:9784815619633

2022年にシリーズ40周年を迎えたファイティング・ファンタジーシリーズ。
今回のコレクションは、スティーブ・ジャクソン作品にフォーカス。ファイティング・ファンタジーを打ち立てたレジェンドの作品から、最新作「サラモニスの秘密」と不朽の名作〈ソーサリー〉シリーズを丸ごと収録!

「サラモニスの秘密」
FFシリーズ40周年を記念した著者36年ぶりの最新作!
舞台は古き都サラモニス。きみは冒険者としての栄光を求めてこの街にやってくる。自由度の高さと多彩な展開が魅力の本作。きみだけの冒険を駆け抜けよう!

「シャムタンティ丘陵」
マンパンの大魔王に盗まれた「王の冠」。いまきみは、その奪還のために長い冒険の旅に出る。頼れるのは己の機知と幸運。剣と呪文を武器に、きみは第一歩を踏み出す。名作〈ソーサリー〉シリーズの記念すべき第一巻。

「罠の都カーレ」
港街カーレ。そこは罠と犯罪、魔物が待ち受ける混沌の都だ。ジャバジ川を渡るには、カーレを避けて通ることはできない。きみは、意を決して混沌の都に足を踏み入れる。シリーズ第二巻。

「七匹の大蛇」
冠を取り戻すきみの旅もいよいよ佳境だ。しかし、きみの使命が敵側にも知られてしまう。きみは敵の本拠地マンパン砦に向けてバクランドの荒野を行く。次々と現れる大蛇との熾烈な戦いが始まる。シリーズ第三巻。

「王の冠」
長き旅の末、きみは敵のマンパン砦へたどり着く。いよいよ敵の拠点へ乗り込んでの最終局面。きみは無事に「王の冠」を取り戻すことができるのか? 圧巻の800パラグラフで描かれる堂々の完結編。さらに本作は著者の推薦で最終戦が異なる新バージョンを採用。壮大な物語の行く末をお見逃しなく!

専用のアドベンチャーシート付属で豪華化粧箱入りの本作はファンには嬉しいコレクションです。さらに、付録に「ソーサリースペルブック」も収録。大冒険に出発する準備もばっちりです。
なお、本コレクションは受注生産方式で出版されており、今後入手が難しくなる可能性があります。大手通販やゲームショップの一部では、まだ販売しているようですので、お早めにお求めください。(こあらだまり)
20日 ソード・ワールド2.5サプリメント アルフレイム見聞録
作=北沢慶/グループSNE
発行・発売=KADOKAWA
定価:3,300円(3,000円+税)
ISBN:9784040752334

本書は、『Role&Roll』に掲載された連載記事に書き下ろしを加えた、アルフレイム大陸の旅行記です。
主人公アルスタン・フレイオルヴは、巡見使の使命を帯びて、仲間たちと大陸行脚の旅に出ます。
その旅は、大陸北東にあるウルシラ地方──その南西に位置するハールーン魔術研究王国から始まり、西へ、南へと進んでいきます。 各地のさまざまに特徴的な地勢や街並み、文化や特産品などを、アルスタンたちの目線から紹介。これまで語られることがなかったエリアまで足を踏み入れ、その様子を伝えていきます。
本書は、読み物として、またワールドガイドとしても読み応え充分なことに加え、各地で知られる小魔法やアイテム、ローカルな一般技能なども紹介(騎獣や妖精なども、少し)。アルフレイム大陸への理解が深まると同時に、キャラクターロールプレイの幅も広がります。
アルスタンたちと一緒に、ぜひ広大なアルフレイム大陸を巡りましょう!(北沢慶)
2024年3月
19日 ソード・ワールド2.5サプリメント 泡沫世界モノクロマティカ
監修=北沢慶
作=川人忠明&田中公侍/グループSNE
発行・発売=KADOKAWA
定価:2,200円(2,000円+税)
ISBN:9784040753843

泡沫世界 バブルワールド と呼ばれる世界がある。
太古、神々の戦いにおいる強大な力と力の激突が巻き起こした衝撃波が、ラクシアとその外の世界とを隔てている膜を歪ませたことで生じた無数のあぶく。
泡沫世界は、そのあぶくのなかに生み出された小世界のことである。

本書では、泡沫世界のひとつである「白黒世界モノクロマティカ」での冒険が可能になります!

モノクロマティカは、すべてが白と黒とその濃淡によって塗りわけられている、神々によって色彩を奪われた世界です。
この世界には、色彩を撒き散らす異形や、色彩に汚染された土地“ 穢土 えど ”が存在し、人々を脅かしています。
そのため、人々は強固な防壁に守られた多層都市で暮らし、それらの都市と都市を 紅血列車 こうけつれっしゃ と呼ばれる赤く光輝く列車による鉄道網がつないでいます。
また、ラクシアにおける冒険者ギルドと同じような役割を担う 紅血機関 こうけつきかん があり、異形などの魔物を討伐する 狩猟者 しゅりょうしゃ たちが活躍しています。

なんらかの理由でラクシアからモノクロマティカへと世界の境界を越えて渡ってきたプレイヤーキャラクターたちは、神々の力を宿した“ 死還 しにかえ り”と呼ばれる特別な存在となって神々から与えられる恩寵“ギフト”を駆使しながら、ラクシアへの帰還を目指して“穢土”を踏破し、異形の魔物たちと戦いながら、冒険を繰り広げていくことになります。

また、本書では「基本戦闘」をベースとしつつも、マスで区切られた戦場を縦横に移動しながら戦う「マス戦闘」が導入されています。モノクロマティカの神々から授けられるギフトも「マス戦闘」に対応した効果を持っているため、マスを利用した戦術や、配置の妙が生み出す思わぬ展開を堪能することができるでしょう。

本書には、モノクロマティカの世界を紹介した「ワールドガイド」、新たに獲得できる特殊な力である「ギフト」を扱うためのルールとデータ、ラクシアへ帰還するための冒険を描いた3本のシナリオ、モノクロマティカに登場する代表的なボス級魔物である異形のデータなどが掲載されています。

さあ、いまこそ未知の冒険を求めて世界の境界を越える時です!(川人忠明)
23日 ミステリーパーティー・イン・ザ・ボックス シリーズ
死に浸かるワイナリー

作=鯖井凌/グループSNE
発行・発売=グループSNE/cosaic
定価:3,960円(3,600円+税)
JANコード:4580552551206

ワイン造りに必要な施設の殆どが集まった場所、ワイナリー。
1920年代の今日。フランスの辺境の地に建てられた『フロンティエール・ワイナリー』にて、ここの関係者達だけを集めた定期試飲会がおこなわれる。
気持ちよく晴れた空。過ごしやすい気温。「こんな日は外で飲むに限る」と、関係者たちはワイナリー内にある涼しい広場で、本日の試飲会を始めることにした。
各々がワイングラスを持ち、さあ乾杯しようとした時。広場の隣にある大きな坂の上から、1つのワイン樽が、ものすごいスピードで転がってきた!
樽は坂道の岩にぶつかって飛び上がる。そして……勢いよくあなた達の目の前に落下し、テーブルやイスを押しつぶした! その瞬間、ワイン樽も大きな音を出しながらはじけて壊れ、木片と、中に入っていたワインをぶちまけた。
めちゃくちゃになった現場を確認すべく、近づいたあなた達の目に飛び込んだのは……首と胴体が別れ、全身の毛を剃られている上に内臓まで抜かれている、裸の女性の、ワイン浸けの死体だった。
死体は、ワインと共に樽の中へ入れられていた。これが意味するのは……あなた達の中に、この犯人がいるということだった。

優雅な雰囲気だった試飲会に、突如現れた凄惨な死体。
その瞬間、全員の脳裏には、各々が犯した悪事がよぎる。
顔を見合わせるあなた達。その視線から逃げるように、或いは逃すまいと追いかけるように、大捜査が始まった。


※本作は5~6人用マーダーミステリーです。あるキャラを除いた5つのキャラから、NPCを決定できます。進行役(ゲームマスター)なしでもプレイ可能です。一度きりのミステリー体験を、ぜひお楽しみください。(鯖井凌)
23日 協力ミステリーゲーム 卓上探偵団
夕闇に笑う少女

作=河端ジュン一
ディベロップ=グループSNE
発行・発売=グループSNE
定価:2,420円(2,200円+税)
JANコード:4580552551213

1999年、自殺者の急増が取りざたされていた世紀末の日本。夏休み直前の蒸し暑い日に、四国の森で女子高生の遺体が見つかった。発見時、彼女は全裸で顔は満面の笑みを浮かべていた。
現場付近には少女が近年まで住んでいた団地があるということで調査を始めた卓上探偵団だったが、団地の児童公園には、わらべ歌のようなものを口ずさむ老人もおり……?

卓上探偵団第6弾は、ひと昔前の田舎の団地が舞台。今作では各探偵にちょっとした背景ストーリーをつけてみました。
どこか薄暗くもノスタルジックな雰囲気に浸ってみてください。(河端ジュン一)
23日 テストプレイなんてしてないよ デック構築なんてしてないよ
ゲーム原案=クリス・シェスリク
ゲームデザイン=グループSNE(安田均、河端ジュン一、黒田尚吾、鯖井凌)
発行・発売=グループSNE
定価:1,980円(1,800円+税)
JANコード:4580552551251

配られたカードの内容を読んで戦うだけ。パーティーゲームの定番、『テストプレイなんてしてないよ』シリーズ8作目の登場です!
今回はタイトル通り「デック構築」をして自分だけのデック(デッキ)を使って戦えるようになりました!

デック構築ってなんだか難しいんじゃ……? と思うかたも安心。付属のプレイシートの上にカードを配置するだけで簡単に準備が行えます。
そして、今までの「いつものルール」では1度負ければ即脱落でしたが、今回は1度や2度負けても脱落しません。むしろ戦う度にカードを貰って強くなれるシステム!
使う度に強くなるカードやナイスなカードの組み合わせを見つけて、噛めば噛むほど味がするとってもエキサイティングなルールです!

「デック構築ルール」だけではなく「いつものルール」で今までと同じプレイもお楽しみいただけます。
カードのハチャメチャ具合は相変わらず。急に時間を気にし始めたり、素敵な一句が詠めたり、休む暇なくおしゃべりをし続ける人が現れたり……。カード効果で混沌としたプレイ空間が広がることでしょう!

今回の収録カードは全部で99枚。すべて書き下ろしの新作カードで、新しいデック構築の世界をお楽しみください! (松田ミア)
28日 可能性の怪物 文豪とアルケミスト短編集
作=河端ジュン一
発行・発売=新潮社
定価:781円(本体710円+税)
ISBN:9784101802831

文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」のノベライズ短編集が登場。

文学を蝕む者・侵蝕者によって強制的に書物の世界へと引きずり込まれた、織田作之助と坂口安吾。かつてない敵に苦戦する彼らが見いだした特殊な浄化条件とは――表題作「可能性の怪物」ほか、2022年から小説新潮にて不定期連載した各短編(久米正雄、宮沢賢治、夢野久作)に加え、書き下ろしとして北原白秋を主人公にすえた一編を収録。

2019年に好評をいただいた『顔のない天才』から約5年、読者の方々からずっと声を頂いていた企画をこうして形にできました。頁をめくる快感を、お楽しみください。(河端ジュン一)
29日 EXIT脱出:ザ・ゲーム
『中つ国を覆う影』/『シャーロック・ホームズの失踪』/『異次元の門』

作=インカ&マルクス・ブラント
監修=安田均
訳=『中つ国を覆う影』羽田紗久椰/『シャーロック・ホームズの失踪』石野力/『異次元の門』柘植めぐみ
発行・発売=グループSNE
定価:各3,080円(2,800円+税)
JANコード:『中つ国を覆う影』4580552551039/『シャーロック・ホームズの失踪』4580552551046/『異次元の門』4580552551053

この冬、EXIT脱出:ザ・ゲームの最新作が3点登場します!


『中つ国を覆う影』
The Lord of the Rings(『指輪物語』)の世界で謎を解こう!
あなたは中つ国(ミドルアース)を救う冒険に出発することになります。
魔法使いであるガンダルフが与える秘密の任務を急いで果たしましょう。
謎の冊子の中には物語の導入からたっぷりとストーリーが描かれており、『指輪物語』の世界に入り込めること間違いなし。

『シャーロック・ホームズの失踪』
シャーロック・ホームズが殺人事件の容疑者となってしまいました! しかし、肝心のホームズは行方をくらましてしまい……。
ホームズの助手、ワトソン博士はあなたに真相をつかんでほしいと依頼します。真犯人を探すための証拠を集めながら謎を解き、事件の解決を目指しましょう!

『異次元の門』
あなたたちは異次元の門へ吸い込まれ、風変りな7つの世界で謎を解くことになります。
個性にあふれた異次元の世界を旅した先には何が待ち受けているのでしょうか? そしてあなたたちは無事に現実の世界へ戻れるのでしょうか? 最後までドキドキが止まらないストーリーをお楽しみください。


謎解きのルールは今までのEXITと同じ。不思議なデコーダー(謎解読用の円盤)をくるくると回し、あなたを待ち受ける多くの謎を解いていきましょう。
ちなみに難易度は『中つ国』が初級、『ホームズ』『異次元』が中級となっています。気になったものからぜひプレイしてみてくださいね!(松田ミア)
2024年4月
5日 レベル・プリンセス
作=ダニエル・バーン、ヘラルド・ゲレーロ、ケヴィン・ペラエス、ティルソ・ヴィルゴス
訳=グループSNE(安田均、柘植めぐみ)
発行・発売=グループSNE
定価:2,420円(2,200円+税)
JANコード:4580552551244

昨今の女性は強し――それはおとぎ話の世界でも同じ。白雪姫もシンデレラも、「王子さまと結婚して幸せに暮らしましたとさ」なんて未来はもうまっぴら。プリンセスも自立して生きていく時代なのです。
『レベル・プリンセス』はスペインで2023年に発売されたばかりの新しいカードゲーム。そのテーマは「結婚なんてしたくない!」。
基本はトランプの「ハーツ」に似たシステムで、プレイヤーは4スート(種類)のカードを「トリックテイキング」の要領で手札から出していきます。全員がカードを1枚ずつ出したところで「誰がそのトリックに勝利したか」を確認。トリックの勝者はみんなが出したカードを受け取ることになります。しかし『レベル・プリンセス』の場合、カードは取らないに越したことはありません。
なぜなら……スートの1つ、「王子カード」には「求婚ポイント」があるのです。最終的に獲得したカードに含まれる求婚ポイントが最も“少ない”プレイヤーがゲームに勝利!(「ペット」のスートの「8」は“カエルに変身させられた王子”なので、やっぱり取っちゃダメ!)
かくして激しいカードの押しつけ合いが始まるのですが、ゲームをさらに面白くしているのが「ラウンドカード」と「プリンセスカード」。ラウンドカードはルールにちょっとした変更を加えるもので、たとえば最初のプレイヤー以外はカードを裏向きに出したり、「女王カード」が切り札になったり。プリンセスカードには各自がラウンドに一度だけ使える特殊能力が書かれていて、これがまたゲームを混沌とさせます……
イラストもキュートなこのゲーム。イベントで購入すると、日本オリジナルのプロモーションカード、「かぐや姫」が手に入るチャンス!
くり返し遊んでも飽きないやみつきカードゲームをどうぞ!(柘植めぐみ)
9日 アドバンスト・ファイティング・ファンタジー 第2版
クール大陸設定シナリオ集 アリオン旅行記+アトランティス・キャンペーン

作=グレアム・ボトリー
監修=安田均
訳=こあらだまり、羽田紗久椰
発行=グループSNE
発売=新紀元社
定価:3,960円(3,600円+税)
ISBN:9784775321485

タイタン世界の南方に広がる暗黒大陸クール。小国がせめぎ合う内海から独自の文化を持つ八幡国まで、数々の魅力にあふれた冒険の舞台が存在します。
このたび、AFF2eにクールが舞台となるキャンペーン・シナリオ集とワールドガイドがお目見えします!

『アトランティス・キャンペーン』は、全10話からなる壮大なキャンペーン・シナリオです。きっかけは、アリオンの宮廷魔術師アイフォー・ティーニンから持ち込まれた遺跡探索の依頼。しかし、それは街はもちろん、クール全土すら揺るがしかねない危機の始まりだったのです!
表題にある「アトランティス」とは、タイタン世界では2500年以上も前に存在したという古代文明。世界が現在の三大陸に分断されるきっかけにもなった王朝であり、現在では伝説として語り継がれています。それが関わってくるとなれば、話が壮大にならないはずはありません!
キャンペーンとしても、ダンジョンあり、ウィルダネスあり、シティ・アドベンチャーありの飽きさせない内容です。果たしてヒーローたちは破滅から世界を救えるのか!?

『アリオン旅行記』は、アリオンの街とその周辺地域を紹介するワールドガイドです。アリオンの歴史や風俗、重要な人物、美味しい(あるいは最低の)酒場まで、余すところなく紹介されています!
AFF2eの都市を紹介するワールドガイドには『ポート・ブラックサンド』もありましたが、本書はそちらとは少し味わいを変えて、旅の日記風に街を紹介しています。地図製作者のダウリットなる人物(なんと、ブラックサンドから派遣されたアズール卿の部下!)の視点から、アリオンの街の様子が描かれているのです。物語を読むように、読者もダウリットの旅に引き込まれることは間違いなしです。
また、本書は『アトランティス・キャンペーン』の副読本としても非常にお勧め。直接キャンペーンのネタバレにつながるような内容はないため、プレイヤーでも安心して読み込むことができ、舞台への理解を深めることができます。

さあ、地図とヒーローシートを広げ、ダイスを手に壮大な旅を始めましょう!(こあらだまり)
12日 Murder Mystery Mini Series
札幌異世界ツアー

作=中村誠/グループSNE
発行・発売=グループSNE/cosaic
定価:2,420円(2,200円+税)
JANコード:4580552551268

日本と〈異世界 〉が、京都の 〈門 〉でつながって3年。正規の手続きで、観光やビジネスにやってくる異世界人も多い。
しかし、事故で日本に「きてしまった」異世界人もいる。悪意を持った違法侵入者でなければ、法律で認定されれば滞在できる。そうした者たちを「転移者」と呼んだ。
ここで札幌で、転移者認定を待つ3人がいた。自称英雄のポーン、イケメンの魔術師スミス、異世界で引きこもっていたという美少女ニト。
審査にあたる新人調査官、雪野まつりに案内され、札幌観光に興じるポーン、スミス、ニト。彼らには謎の黒フードの人物がつきまとっていた。
雪まつりでにぎわう札幌をめぐる4人は最後に札幌市時計台を訪れる。そして、そこで黒フードの人物の、焼け焦げた死体に遭遇した!
一行は、札幌の観光スポットで何があったのかを回想して、真実を突き止めようとするが……?

マーダーミステリーミニの最新作は『京都異世界ツアー』の中村誠さんによる、特殊設定ミステリー! 〈異世界〉と現代日本がつながっているという世界観と、異世界の住人が観光中に事件に出会うという点は共通していますが、それ以外はまったく別のストーリー。どちらから遊んでも楽しいので、ぜひプレイしてみてくださいね!(友野詳)
19日 ミステリーパーティー・イン・ザ・ボックス シリーズ
マーダーミステリー:ザ・トリロジー

作=秋口ぎぐる/グループSNE
発行・発売=cosaic/グループSNE
定価:4,950円(4,500円+税)
JANコード:4571398991059

本作は連続する3つのシナリオから成るマーダーミステリーです。
第1部(ひとつめのシナリオ)は1980年、「療養所を脱走した連続殺人鬼」の噂がささやかれる田舎町が舞台。嵐が去ったあとの廃駅で起きた殺人事件を、その場に居合わせた謎の2人組と、「殺人鬼さがし」を行っていた子供たち、そして地元の巡査が解き明かします。
第2部はその10年前、1970年の「連続殺人鬼が隔離されている療養所」が舞台。2件の放火事件と、その間に発生した所長の死。その謎に、勤務医や研修中の医学生、職員、患者、入所者の面会に訪れていた刑事、なぜか施設内で育てられている子供らが挑みます。
第3部は1990年、第1部と第2部で描かれた廃駅や療養所を内包する田舎町全体が舞台となります。10年ぶりに起きた殺人事件と、現場に残された「連続殺人鬼」のサイン……。過去にとらわれた関係者たちは、次の殺人を防ぎ、魂の救済を得ることができるのか?
各シナリオのプレイ時間は2時間前後。総プレイ時間6時間を超える圧倒的なボリュームを、どうかお楽しみください。 (秋口ぎぐる)
27日 境都妖異世界
原案=安田均
ゲームデザイン=西岡拓哉
ディベロップ=グループSNE
発行・発売=グループSNE
定価:6,600円(6,000円+税)
JANコード: 4580552551220

『境都妖異世界』は、架空の都市“境都”を舞台に、幽霊・妖怪・怪奇現象・呪物・未確認生命体の総称“妖異”と、それが引き起こす事件に対抗するキャラクターの活躍を描く、ボックスタイプの協力型シナリオゲームです。

プレイヤーはそれぞれ「筮竹師」「珠術師」「予見師」(総称して、境界術師)と呼ばれる、妖異封印の使命を背負った存在となります。彼らは、常に三人一組のチームとして活動し、様々な境界術を行使して、境都のどこかに潜む妖異に立ち向かいます。妖異の居場所は実際の写真とゲームボードを見比べ、その風景とゲームボードの特徴が一致する場所を探ってゆきます。

各自の異なる術具(道具)を手に、それぞれの特徴の異なる術を活かして、境都に災いが降りかかる前に妖異を見つけ出し、封印を試みましょう。
ただし、妖異を追うなかで、境界術を行使するたびキャラクターたちは代償を支払い続けることになります。それによってより強力な術を行使できるようになる一方、人知を超えた力を心身の限界を超えて行使することで命を落とす危険性があります。

妖異を封じるのが先か、それとも自身の破滅が先か、境都のなかで発生した事件を追い、妖異の苛烈な妨害をくぐりぬけつつ封印の儀式を完成させる緊張感をお楽しみください。(西岡拓哉) 
27日  クリティカル:サンクチュアリ シーズン1
作=クリストフ・ヴァラ&ヨハン・ルモニエ
訳=グループSNE(柘植めぐみ)
発行・発売=グループSNE
定価:4,950円(4,500円+税)
JANコード:4580552551237

神々の聖地、三日月群島へようこそ!
『クリティカル:サンクチュアリ』はフランス生まれのBOX型ロールプレイングゲームです。まるでシリーズ物のTVドラマのように構成されており、今回発売される「シーズン1」のBOXには計9つのエピソード(シナリオ)が封入されています。
このゲームの大きな魅力は1エピソードをたった30分で遊べるところ。各話、いくつかの“シーン”に切り分けられていて、波乱万丈な冒険の場面場面を臨場感たっぷりに体感することができます。
プレイヤー・キャラクター(PC)は最大4人。ゲームマスター(GM)も必要ですが、各エピソードは「読み上げ部分」「必要な判定」「成功・失敗の結果」が明確にわかる書き方になっているので、初心者GMでも大丈夫!
それぞれの場面は迫力ある「イラスト」で表現されており、ときにはイラストの中に、危機を打開するための“ヒント”が描かれていることも。またキャラクターや装備品、スキルなどはすべてカードで表されているので、紙ペンは一切不要。サイコロも入っており、体ひとつでゲームに臨むことができます。
PCたちは〈探検家ギルド〉に所属する英雄候補。各地で頻発する異変の調査に赴いたところ、次第にその背後に邪悪なネクロマンサーの存在が見え隠れしてきて……
果たしてあなたは世界を救うことができるでしょうか?(柘植めぐみ)
27日 いさましいちびっこ炊飯器TRPG
作=こあらだまり
ディべロップ=友野詳/グループSNE
発行・発売=グループSNE
定価:3,850円(3,500円+税)
JANコード:4580552551299

『いさましいちびっこ炊飯器TRPG』でプレイヤーは家電になります!
ちょっと何言ってるかわからないかもしれませんが、プレイヤー・キャラクターは家電です。炊飯器、ドライヤー、冷蔵庫、扇風機などなど、ご家庭にある家電なら何でもOK。人間たちは知りませんが、家電は人が見ていないところでは意志を持って動けるのです!
あなたたちの目的は、ご主人様の幸せです。人に使われてこその家電。長く大切に使ってもらうには、持ち主の人間の生活は守らねばならないのです。
ご家庭には日々、トラブルが起こります。泥棒の侵入からお風呂の水漏れ、ふるさと納税で送られてきた蟹の脱走などさまざまです。そこで活躍するのは家電たち。影ながらご家庭の平和を守るのです!
本作のルールはとてもシンプルでお手軽。あなただけの家電を作る「家電特徴」や頑張りすぎた結果の「熱暴走」など、とにかく“楽しいこと”が起こるよう設計されています。シナリオももちろん付属。サンプルご家庭「小川さん一家(家の間取りつき)」まで収録しており、すぐに遊べます。プレイ時間も短く、サクっと遊ぶのにとてもオススメです。
本作は同人作品からGMウォーロック誌上での企画を経て商品化。小箱ボックスTRPGとしてパワーアップを遂げています。 さあ、あなたも家電になってご家庭の平和を守りましょう!(こあらだまり)
30日 GMウォーロック Vol.13
作=安田均/グループSNE
発行=グループSNE
発売=新紀元社
定価:2,200円(2.000円+税)
ISBN:9784775321478

春4月にお届けするGMウォーロック13号の第一特集は「ゲーム学園へ入学おめでとう!」。 TRPG、マーダーミステリー、謎解きゲーム、ボード/カードゲームの各ジャンルの入門や、新作情報、学園を舞台に遊べるゲームなどをお届けします。
注目はカードゲームジャンル「トリックテイキング」入門。ジャンルを一望するコラムや、話題の新作『モンスタートリテ(仮)』や『レベルプリンセス』をご紹介します。
カードゲーム『デック構築なんてしてないよ』や巨匠ライナー・クニツィアの入門も。
TRPGでは、実践的な学園ものファンタジーシナリオの作り方などをお届け。
そして第二特集は『箱入りでおもてなし! オール・オン・ワンRPG』と称して、2024年前半にグループSNEがお送りする、新スタイルのBOXタイプTRPG『境都妖異世界』『クリティカル』『いさましいちびっこ炊飯器TRPG』に加えて、日本を代表するファンタジーTRPG〈ソード・ワールド2.5〉の、ファンタジー料理をテーマとした新たなBOXセットをサポート。
SW2.5では、新サプリ『泡沫世界モノクロマティカ』のサポートや夏の新作情報、AFF2eの『アトランティス・キャンペーン』&『アリオン旅行記』サポートのほか、FFコレクション第5弾情報もお届けできるはず。
恒例オリジナルマーダーミステリーは、さまざまな舞台でマダミスを作り続けてきた、とんとんさん作のホラーテイストの1本と『ミッシングファイター』のtomihaさんの学園教師もの2本立て。
今回も遊べるコンテンツ満載です!(尾垣泰敏)
2024年5月
11日  ミステリーパーティー・イン・ザ・ボックス シリーズ
因習村の 極光 オーロラ

作=りにょり、黒田尚吾/グループSNE
発行・発売=cosaic/グループSNE
定価:3,960円(3,600円+税)
JANコード:4580552551275

北欧にある自然豊かな湖とその畔(ほとり)にある村に取材に来たドキュメンタリー映画のクルー達。
独自の文化を形成するその村は、映画の題材としてはうってつけであったが、その地で過ごすうち、異変に気づき始める。
村中で放し飼いになっている山羊達、行方不明となったクルー、村の不可解な掟、ヤギのマスクをかぶった女。そして、村で信仰される異形の神……
満月とオーロラが光る夜を経て、目覚めた者たちが見たものとは!?

因習村で起こる凄惨な事件と、村の謎を解き明かす本格ミステリー。あなた達は無事、この村から生きて帰ることが出来るのだろうか?
様々なギミックが満載の本作はマルチエンディングを採用。一度きりのミステリー体験を、ぜひお楽しみください。(黒田尚吾)
17日 ソード・ワールド2.5リプレイバルバロス 異端者たちの蛮歌
監修=北沢慶
作=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
発行・発売=KADOKAWA
定価:990円(900円+税)
ISBN:9784040754536

諸君、時代は蛮族だ!
蛮族の時代の幕開けだ!!
Welcome to this barbaric time!!

と、いうわけで、ソード・ワールド2.5でもついにウィークリング以外の蛮族PCが遊べるようになるぞ! 本書は、その先駆けとして蛮族の魅力を先行で紹介するリプレイだ。1冊完結だが、自分の考えた蛮族の魅力をぎゅぎゅっと詰め込みに詰め込んだ1冊になっている。
本書で大暴れしてくれるイカれたPCたちは――

ディアボロのバトルダンサー、“赤光”のロミルダ!
アルボルのプリースト、オクトモア!
ダークトロールのタンクファイター、シリアス!
そしてコボルド探偵のドワン!

……探偵?

HAHAHA! 詳しくは読んで確認してくれ!
蛮族が支配する島で、この四人が時に虐げられ、時に酔っ払い、そして大暴れを繰り広げる。
蛮族たちが奏でる『異端者たちの蛮歌』、ぜひ見届けて欲しい!(ベーテ・有理・黒崎)
31日  Murder Mystery Mini Series
黒白海路

作=川人忠明/グループSNE
発行・発売=グループSNE/cosaic
定価:2,420円(2,200円+税)
JANコード:4580552551282

舞台は、四葉財閥が巨費をかけて建造した豪華客船〈ムーンダスト〉。
処女航海に出航した〈ムーンダスト〉では大勢の著名人を招き、船尾のテラスレストランで豪奢なパーティが開かれた。
事件はその航海の翌朝に起こる。
船内で目覚めた男女6人の乗客は、ある変化と異常にすぐさま気がついた。
数百名にもわたるゲストと船員が、この6名を残し全員姿を消していた。そして、テラスレストランのシャンデリアには男の死体が吊るされていたのだ。
状況から考えて、謎の男は何者かに殺害されたことは明白だった。
――消えた乗客たちはどこへ行ったのだろうか?
――吊られた男を殺した犯人は、この中にいるのだろうか?
残された乗客である、四葉財閥の次期当主・四葉由紀とその使用人・蘇芳翔を中心に、乗客たちはこの窮地を乗り切るために話し合いを始めるのだった。


『カナリアは歌わない』『週末の殺人鬼』を手がけた川人忠明の最新作。
本作『黒白海路』も、シリーズ最長のプレイ時間150分のボリュームにふさわしい2人用ならではの趣向が凝らされた作品となっています。(西岡拓哉)
31日 アナゲ超特急サザンクロス
作=磨伸映一郎
発行=グループSNE
発売=新紀元社
予価:1,320円(1,200円+税)
ISBN:9784775321584

GMウォーロックの大人気連載マンガ、待望のコミック第2弾がついに登場します!
その名も『アナゲ超特急 サザンクロス』!
命名の由来はカバー下おまけマンガにおまかせするとして、内容をご紹介しましょう。
ご存じのように、多彩なジャンルのボードゲーム、カードゲームを、笑える切り口で紹介するギャグとゲーム知識のコミックです。 まずはGMウォーロック2号から7号までと9号から12号までの掲載ぶんを加筆修正して収録。さらに今回は描き下ろしが2本! 『ゲスクラブ』と『そういうお前はどうなんだ?』を取り上げます。
グループSNE友野詳による関連ゲームコラムも健在。
読んで楽しく、そしてとってもゲームが遊びたくなる2冊めです。
1話1話が独立しているのでどれから読んでも(どちらの本から読んでも)楽しめますが、もしもまだ無印『アナゲ超特急』を手に取っていないという方がおられたら、ぜひあわせてどうぞ。『サザンクロス』発売にあわせて増刷予定なので、見つかりやすいはず! (友野詳)
31日 電子書籍版:アナゲ超特急
作=磨伸映一郎
発行=グループSNE
発売=FrogGames
予価:1,320円(1,200円+税)

『氷室の天地』などで知られる漫画家、磨伸映一郎が、名作傑作から珍作怪作まで、アナログゲームをおもしろおかしく紹介するコミック「アナゲ超特急」が電子書籍化!

(内容についてはこちら
(電子書籍化のニュースについてはこちら



…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2023年
→ 2022年
→ 2021年
→ 2020年
→ 2019年
→ 2018年
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年